JAPAN AIRLINES

PRESS RELEASES

  • April 14, 2005

JAPAN AIRLINES- A COMMENT ON SAFETY

Flight safety is the foundation and social responsibility of the JAL Group, as an air transport operator responsible for the lives and property of our customers.

Management and staff of the JAL Group have reflected deeply on a number of safety-related incidents, followed up by a business improvement order and administrative warnings to the airline issued by the Japan Civil Aviation Bureau of the Ministry of Land, Infrastructure and Transport, which has responsibility for all transport in Japan and its safe operation.

We have analyzed the cause of the incidents and have formulated countermeasures to improve safety based on our findings. While the majority of the incidents were non-threatening, involving aircraft and component technical failures and reflecting day-to-day wear and tear of equipment common to all airlines, a small number involved human error, and were serious breaches of basic safety. These we deeply regret.

The president and senior management will take the lead to oversee safety management systems of the group and recover the complete confidence of our customers and of society at large.

The official action by the Japanese aviation authorities comes as an alert to the airline industry of Japan.

Civil air transport in Japan has enjoyed an excellent safety record for the past 20 years, with no passenger fatalities. From 1985 to March 31, 2004, more than 1,653,344,555 travelers had flown on all Japanese international and domestic airlines, which today include some 24 companies. Between September 1985 and February 2005, Japan Airlines has safely carried a total of 596 million passengers, domestic and international.

But despite these results, we can never afford to be complacent. Japan Airlines must and will put safety ahead of any other consideration. April 14, 2005.

###

2

JAL SAFETY COMMENT.pdf
SHARE
TITLE

この著作物(以下「本著作物」といいます)をご利用者がダウンロードのうえ利用するには、本著作物の利用方法等を規定する日本航空株式会社(以下「JAL」といいます)の「著作物利用規約」(以下「本規約」といいます)を理解し同意いただく必要があります。本規約に同意いただいた方、またはJALの事前の書面による許諾を受けた方に限り、本著作物の利用許諾を受けたこととし、その他の場合には本著作物を利用することはできません。

著作物利用規約

本著作物の著作権はJALが保有するものとします。

ご利用者は、報道または解説を目的とする場合に限り、非独占的に、本著作物を利用、複製、上演、演奏、上映、展示、口述、公衆送信することができます。

ご利用者は、本著作物につき、製品またはテクノロジーの宣伝(広告、パンフレット、雑誌・書籍の表紙、ストックフォト、販促品における利用を含みますがこれらに限られません)その他いかなる商業目的における利用はできないものとし、JALの事前の書面による許諾なく、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案することはできず、本規約により許諾を受けた権利の全部または一部を第三者に再許諾することはできません。また、いかなる理由においても、本著作物の全部または一部を不鮮明化等するなどの改変を行うことはできません。

ご利用者が本規約に違反した場合、ご利用者が本規約に基づくJALの要請に応じない場合その他JALが必要と認めた場合には、JALはご利用者に対し、本著作物の利用を直ちに中止し、本著作物および全ての複製物の返還または破棄を請求することができ、ご利用者はかかる請求に直ちに応じるものとします。

JALは事前に何ら予告することなく、本著作物の提供を中止し、もしくは本著作物の内容または提供方法を任意に変更することができます。

JALは、ご利用者が本著作物を利用したことに関連してご利用者が被った損害、データ破損、機器の不具合、機会損失その他一切の不都合から免責されるものとします。

本規約に定めのない事項については、本ウェブサイトの「サイト利用規約」の定めが本規約と一体をなすものとして適用されるものとします。