JAPAN AIRLINES

PRESS RELEASES

  • September 29, 2008

JAL Revises FY2008 2nd Half Cargo Fleet, Route, & Frequency Plan

TokyoSeptember 29, 2008: Japan Airlines (JAL) has decided to revise the cargo fleet, route and frequency plan for the 2nd half of FY2008, the year ending March 31, 2009. From January 2009, the airline will suspend freighter only operations between Tokyo (Narita) and New York, and reduce freighter flight frequency from 6 to 5 flights per week on the Tokyo (Narita) - Los Angeles route. By the end of November 2008, JAL will also have retired from service its last remaining two 747-200 freighter aircraft. The airline will also cancel the conversion of one of its 747-400 passenger aircraft into a freighter aircraft, as had originally been planned.

In order to build a more profitable business structure, the airline will concentrate its freighter resources on just two destinations in North America: Chicago and Los Angeles. By concentrating on fewer freighter destinations in North America and adjusting demand and supply, JAL aims to speedily respond to changes in the business environment and further improve profitability.

The airline is currently facing a tough environment, particularly in terms of its North American freighter business. Even though the price of fuel has stabilized, it has remained at a very high level. Furthermore, the business outlook, centering on North America, remains gloomy.

JAL will respond to demand for cargo transportation to and from New York, by utilizing belly space on the airline’s passenger flights operating 14 flights per week on the Tokyo to New York route, and by using feeder truck services to and from the airline’s freighter gateway in Chicago.

In terms of its overall cargo fleet and network strategy, JAL will strive to respond to customers’ needs by providing the best mix of large-size Boeing 747-400 freighters, medium-size Boeing 767 freighters, and belly space in passenger flights, and by offering the largest network to and from Japan.

          

Revised JAL B747-400F/ BCF FY2008 Fleet Plan

Aircraft Type

Current

Total No. of Aircraft

Original FY08 Plan

Total No. of Aircraft By End of FY2008 ( Year ending March 31, 2009)

Revised FY08 Plan

Total No. of Aircraft By End of FY2008 ( Year ending March 31, 2009)

Boeing 747-400F/BCF

7

8

7



 

###

SH08 Cargo Revision.pdf 

 

SHARE
TITLE

この著作物(以下「本著作物」といいます)をご利用者がダウンロードのうえ利用するには、本著作物の利用方法等を規定する日本航空株式会社(以下「JAL」といいます)の「著作物利用規約」(以下「本規約」といいます)を理解し同意いただく必要があります。本規約に同意いただいた方、またはJALの事前の書面による許諾を受けた方に限り、本著作物の利用許諾を受けたこととし、その他の場合には本著作物を利用することはできません。

著作物利用規約

本著作物の著作権はJALが保有するものとします。

ご利用者は、報道または解説を目的とする場合に限り、非独占的に、本著作物を利用、複製、上演、演奏、上映、展示、口述、公衆送信することができます。

ご利用者は、本著作物につき、製品またはテクノロジーの宣伝(広告、パンフレット、雑誌・書籍の表紙、ストックフォト、販促品における利用を含みますがこれらに限られません)その他いかなる商業目的における利用はできないものとし、JALの事前の書面による許諾なく、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案することはできず、本規約により許諾を受けた権利の全部または一部を第三者に再許諾することはできません。また、いかなる理由においても、本著作物の全部または一部を不鮮明化等するなどの改変を行うことはできません。

ご利用者が本規約に違反した場合、ご利用者が本規約に基づくJALの要請に応じない場合その他JALが必要と認めた場合には、JALはご利用者に対し、本著作物の利用を直ちに中止し、本著作物および全ての複製物の返還または破棄を請求することができ、ご利用者はかかる請求に直ちに応じるものとします。

JALは事前に何ら予告することなく、本著作物の提供を中止し、もしくは本著作物の内容または提供方法を任意に変更することができます。

JALは、ご利用者が本著作物を利用したことに関連してご利用者が被った損害、データ破損、機器の不具合、機会損失その他一切の不都合から免責されるものとします。

本規約に定めのない事項については、本ウェブサイトの「サイト利用規約」の定めが本規約と一体をなすものとして適用されるものとします。