JAPAN AIRLINES

PRESS RELEASES

  • December 16, 2011

JAL Expands Use of User-Preferred-Routes to Vancouver

Currently employed on routes between Japan and Honolulu as well as Australia

 

TOKYO, December 16, 2011: The JAL Group (JAL) plans to utilize User Preferred Routes (UPR) on its daily flight between Tokyo (Narita) and Vancouver starting from December 19, 2011. JAL first introduced the use of UPR in Japan, on its Japan = Hawaii routes in August 2008 and later on routes to Australia in June 2009.

 

JGN11119_fig2.jpg

 

 

Airlines flying between Japan and North America generally use the Pacific Organized Track System (PACOTS) to plot flight paths based on weather reports provided by air traffic controllers (ATC) 24 hours prior to departure. However, due to changes to the weather over time, the conditions at the actual time of departure may be different from 24 hours earlier and the predetermined aviation routes set by PACOTS may eventually not be the most efficient. Furthermore, operational efficiency varies for different aircraft types - a consideration not taken into account by PACOTS. UPR allows an airline to fly along what it judges to be the most efficient route for each type of aircraft used, and helps to improve operational efficiency by providing each aircraft with an optimal flight path.

 

UPR is considered an eco-friendly flight operations technique that reduces unnecessary fuel consumption which thereby brings down carbon dioxide emissions, and it also shortens flight times. By utilizing this method of flight operations on the once-daily, round-trip flights to between Tokyo and Vancouver, JAL estimates that it can reduce a total of 220,000 lbs. (120,000 liters or 600 oil drums) of fuel which translates to an approximate decrease in carbon dioxide gas emissions by 315 tons a year.

 

map_en.jpg

 

 

 

 

Recognized by the Ministry of Environment of Japan as an Eco-First company, JAL will continue to proactively introduce new technologies that improve operational efficiency, minimize burden on the environment and reduce flight times for the benefit of our customers.

 

END

20111216 - JAL Expands Use of UPR to Vancouver_FINAL.pdf

SHARE
TITLE

この著作物(以下「本著作物」といいます)をご利用者がダウンロードのうえ利用するには、本著作物の利用方法等を規定する日本航空株式会社(以下「JAL」といいます)の「著作物利用規約」(以下「本規約」といいます)を理解し同意いただく必要があります。本規約に同意いただいた方、またはJALの事前の書面による許諾を受けた方に限り、本著作物の利用許諾を受けたこととし、その他の場合には本著作物を利用することはできません。

著作物利用規約

本著作物の著作権はJALが保有するものとします。

ご利用者は、報道または解説を目的とする場合に限り、非独占的に、本著作物を利用、複製、上演、演奏、上映、展示、口述、公衆送信することができます。

ご利用者は、本著作物につき、製品またはテクノロジーの宣伝(広告、パンフレット、雑誌・書籍の表紙、ストックフォト、販促品における利用を含みますがこれらに限られません)その他いかなる商業目的における利用はできないものとし、JALの事前の書面による許諾なく、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案することはできず、本規約により許諾を受けた権利の全部または一部を第三者に再許諾することはできません。また、いかなる理由においても、本著作物の全部または一部を不鮮明化等するなどの改変を行うことはできません。

ご利用者が本規約に違反した場合、ご利用者が本規約に基づくJALの要請に応じない場合その他JALが必要と認めた場合には、JALはご利用者に対し、本著作物の利用を直ちに中止し、本著作物および全ての複製物の返還または破棄を請求することができ、ご利用者はかかる請求に直ちに応じるものとします。

JALは事前に何ら予告することなく、本著作物の提供を中止し、もしくは本著作物の内容または提供方法を任意に変更することができます。

JALは、ご利用者が本著作物を利用したことに関連してご利用者が被った損害、データ破損、機器の不具合、機会損失その他一切の不都合から免責されるものとします。

本規約に定めのない事項については、本ウェブサイトの「サイト利用規約」の定めが本規約と一体をなすものとして適用されるものとします。