PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2007年02月27日

硫黄島への戦没者慰霊巡拝チャーター便運航を決定

第06137号

JALでは、厚生労働省の要請を受け、日本の航空会社では初めてとなる硫黄島への戦没者慰霊巡拝チャーター便の運航を決定しました。

これまで戦没者ご遺族の方々の慰霊巡拝については、国などの事業として自衛隊機を利用して実施されてきましたが、今般厚生労働省よりチャーター便運航の照会をいただき、調査、検討を実施の結果、現地での空港ハンドリングに関し防衛省のご協力をいただくことでチャーター便の運航が実現することとなりました。これによりご遺族の方々の身体的負担は、大きく軽減されることとなります。

JALは、「安心とこだわりの品質で世界を結ぶ“日本の翼”になる」というビジョンを実現していくため、お客さまの視点にたって商品・サービス品質の向上に取り組んでまいります。

【チャーター便運航概要】

1.運航月日

2007年3月6日(火) (予備日3月7日)

2.路線

羽田空港=硫黄島間 往復運航(日帰り)

3.機材

MD90型機 (150人乗り)

4.運航スケジュール

JAL4907便 羽  田 08:10発-10:15着 硫黄島

JAL4908便 硫黄島 15:45発-17:50着 羽  田

5.用機者

厚生労働省

6.ご利用いただくご遺族

ご遺族99名(介助者4名を含む)

以 上


*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
JGN06137.pdf
SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。