PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2007年10月09日

イオンとJALの業務提携について

共同リリース

イオン株式会社(代表執行役社長:岡田 元也)とJAL(代表取締役社長:西松 遙)は、両社の将来に向けた持続的な事業発展を目的として、本日、下記のとおり広範な業務提携を行うことで合意いたしました。

このたびの業務提携は、提携カードの発行をはじめ広い範囲で提携を強化していくことで、両社のお客さま満足をより一層向上させるために合意したものです。

この業務提携の第一弾として、JALマイレージバンクとイオン電子マネー「WAON」が連携する『JMB WAON』 および 『イオンJMBカード(JMB WAON一体型)』の2種類のカードを発行いたします。

この両カードは、JALマイレージバンクでは初めての『電子マネーの利用でマイルがたまる・電子マネーとしてマイルがつかえる』機能が搭載されております。また、『イオンJMBカード(JMB WAON一体型)』は、JALグループ以外が発行するJMB一体型のクレジットカードでは初めて、クレジットカードの利用でJALマイルを直接ためることができるカードです。

両社はこの2種類のカードを通して、相互のカード会員の方々にそれぞれご選択いただけるサービスをご提供することで、双方のお客さまの利便性を飛躍的に向上させることが可能となります。

また、両社は、お客さま満足のさらなる向上をめざし、プライベートブランド商品の相互チャネルでの販売、旅行商品の拡販ならびに共同開発、天候不良などによるJAL便遅延時などにおけるイオンからの飲食品・物品の補給サポート、および両社での災害時の共同支援活動など、CSRの観点を含めた広い範囲で、今後提携を強化してまいります。

両社は、これからもそれぞれの事業特性を活かし、お客さま満足のさらなる向上にむけて、価値ある商品・サービスの創造に積極的に取組んでまいります。

イオンとJALの業務提携概要について

1.JALマイルと電子マネー「WAON」が連携した2種類のカード発行



新しいスタイルの航空・生活カード『JMB WAON』 と 『イオンJMBカード(JMB WAON一体型)』を発行。

2.価値ある商品・サービス提供など広範囲な提携を検討



(1)商品販売における協力

両社の販売チャネルを相互に活用した両社プライベートブランド商品の販売。

(2)旅行商品における協力

イオンにおけるJALグループ航空旅行商品の拡販と旅行商品の共同開発及び共同プロモーションの展開。

(3)緊急時における相互サポート

イオンからの物資提供とJALの交通インフラ活用による災害時の被災地への共同支援、並びに天候不良などによるJAL便の大幅遅延や欠航時のイオンからJALへの飲食品・物品などの補給サポート。

(4)電子マネー決済の共用端末の開発

電子マネー「WAON」とJAL IC利用クーポン(注)の双方が利用可能な非接触IC決済共用端末の開発と展開。

注:JAL IC利用クーポンとは、JMBマイルと交換でJAL ICカードにチャージするIC利用クーポンで、JAL旅行商品や加盟店での商品購入などに使用可能

(5)その他広範な業務提携

両社は、両グループが持つ資産やノウハウを活用した広範な提携について、両社でプロジェクトチームを立ち上げ、共同で検討。

以 上

添付資料:JALマイルと「WAON」が連携したカードについて

20071009.pdf


*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
20071009A.pdf


SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。