JAL | JAPAN AIRLINES

HOME>プレスリリース>記事

最新リリースに戻る最新リリースに戻る
2008年02月01日
JALグループ、2008年度路線便数・機材計画を策定

第07132号

JALグループは、2008年度路線便数・機材計画を策定いたしました。

2010年の首都圏発着枠拡大に向け、現在、安定した事業基盤の構築を進めております。2008年度は機材更新を加速させるとともに、さらに高いレベルの「ダイヤ品質」、「商品・サービス品質」を目指し、競争力向上を図ります。 *尚、下記の計画は関係当局の認可を前提としております。

 

【国際旅客事業】

2010年の首都圏発着枠拡大に向け、「成田グローバル・ハブ機能の強化」、「羽田発着国際線の増強」を推し進めるとともに、機材更新を積極的に進め「プレミアム戦略」を加速させます。

 

成田グローバル・ハブ機能の強化

日本発・海外発それぞれのビジネス需要・観光需要のベストミックスを追求したネットワークの増強を行い、躍動するアジア経済圏と欧米をつなぐグローバル・ハブ機能をさらに強化します。また、41日より、台湾(台北・高雄)線をJAL便名に統一するとともに、乗り継ぎの利便性を向上させます。

 

羽田発着国際線の増強

首都圏需要の重要な拠点として、羽田発着の利便性向上を図ります。現在、運航している羽田=ソウル(金浦)、羽田=上海(虹橋)線に加え、北京五輪開催に向けて羽田=北京(南苑)線の運航を計画します。また、国際チャーター運航可能時間帯を利用したチャーター便を2007年度以上に積極的に設定します。

2007年度羽田発着チャーター運航実績:約280便-運航予定便含む。金浦、虹橋チャーターを除く

 

プレミアム戦略の加速

ファーストクラス、エグゼクティブクラスへの新シート導入やシェルフラットシート、プレミアムエコノミーサービス導入路線拡大により、プレミアム戦略を加速し、商品競争力の向上を図ります。

 

1.増便 

成田発着路線を増便し、グローバル・ハブ機能を強化するとともに、関西発着便の増便を行い、関西圏のネットワークをあわせて強化します。

路線

便数変更

増便時期

備考

成田=ニューヨーク

週間13便⇒週間14便

2008330日~

毎日2便運航(成田発)

成田=パリ

週間7便⇒週間11便

200871日~

1025

火木土日曜日に追加設定

成田=釜山

週間7便⇒週間14便

200841日~

毎日2便運航

成田=杭州

週間5便⇒週間7便

2008330日~

毎日1便運航

成田=モスクワ

週間2便⇒週間3便

2008330日~

月木土曜日運航

関西=青島

週間3便⇒週間4便

2008330日~

火木土日曜日運航

羽田=北京(南苑)

北京五輪に向け、運航計画中(運航環境が整い次第、ご案内いたします)



【増便路線】

イメージ1 

 

2.減便

従来、実施していた成田=ホノルル、および成田=バンクーバー線の定期便としての夏期追加設定は行いません。

 

3.機材変更

米州線への777-300ER型機導入、中国線の737-800型機投入路線拡大等、ダウンサイジングを促進するとともに、これら最新鋭機材の投入により、商品競争力向上を図ります。

路線

現行機材

変更後機材

実施時期

備考

成田=ニューヨーク

747-400

777-300ER

200881日~

006/005便のみ

成田=サンフランシスコ

747-400

777-300ER

200891日~

成田=広州

767-300

737-800

2008101日~

669/660便のみ

成田=高雄

747-400

767-300

2008101日~

関西=広州

767-300

737-800

2008330日~

中部=釜山

767-300

737-800

200861日~



 4.プレミアム戦略

・新シートの導入(ファーストクラス/エグゼクティブクラス)

路線

実施時期

備考

成田=ニューヨーク

20088月~

新シートの詳細は別途ご案内予定

成田=サンフランシスコ

20089月~



  ・シェルフラットシート導入路線の拡充 

路線

実施時期

備考

成田=バンコク

2008330日~

導入済の717/718便に加え、703/704便に導入



  ・プレミアムエコノミーサービス導入路線の拡充

路線

実施時期

備考

成田=パリ

20084月~

2月中旬販売開始予定

成田=ニューヨーク

20088月~

販売開始時期は別途ご案内予定

成田=サンフランシスコ

20089月~



 

【国内旅客事業】

最新鋭リージョナルジェット機エンブラエル170E170)の導入、および737-800型機の増機を行い、機材更新を加速させるとともに、国内線ファーストクラスを羽田=福岡、羽田=札幌線に拡大し、プレミアム戦略を強化します。

また、2007年度全社をあげてダイヤ品質向上に取り組み、定時出発率が大幅に改善しました。2008年度もダイヤ品質の更なる向上に取り組みます。

 

日本初 最新鋭リージョナルジェット機 E170の導入 イメージ2

国内で初めてジェイ・エアがE170を導入し、20092月より、名古屋空港(小牧)を中心とした路線から運航を開始します。 JALグループは地方ネットワークの充実を図ります。

 

富士山静岡空港 静岡=札幌、静岡=福岡線の開設

20093月に予定されている富士山静岡空港開港にともない、静岡=福岡線、静岡=札幌線を開設します。

 

関西路線の充実: 関西=仙台線の開設、関西=沖縄線の増便

関西=仙台線を11便開設します。関西圏へのアクセスが充実するとともに、上海や東南アジアなど国際線への乗り継ぎが可能となります。また、関西=沖縄を増便し沖縄への観光需要喚起を図ります。

 

1. 新規開設

路線

便数

開設時期

備考

関西=仙台

11便

200841日~

静岡=札幌

11便

20093月~

静岡=福岡

13便

20093月~



  2.増便

路線

便数変更

増便時期

備考

羽田=宮崎

14便⇒5便

200841日~

531

関西=沖縄

14便⇒6便

200871日~

930

14便⇒5便

200810月~



  3.減便

路線

便数変更

減便時期

備考

伊丹=福島

12便⇒1便

200841日~

日本エアコミュータ-便の減便



4.運休

路線

便数変更

運休時期

備考

札幌=沖縄

11便⇒運休

200841日~

200745月、

10/1911月運航

釧路=旭川

11便⇒運休

200841日~

北海道エアシステムによる運航



5.プレミアム戦略

羽田=伊丹線に導入した国内線ファーストクラスを羽田=福岡、羽田=札幌線にも導入します。福岡線は4月より、北海道洞爺湖サミットが開催される札幌線には6月より導入します。

また、7月には伊丹線15往復全てにファーストクラスをご用意し、プレミアム戦略を強化します。

 

【貨物事業】

747-200型貨物機(747F)から747-400型貨物機(744F)への更新を完了し、直行化による機材稼動向上を継続するとともに、767-300型貨物機(767F)を機動的に配置し、旺盛な中国・東南アジア地区の需要に柔軟に対応いたします。

 

<主な路線・便数変更>                        (実施時期は全て2008330日~)

路線

運航機材

便数

備考

成田-中部-天津-関西

767-300F

週間2便⇒週間0便

天津/大連2地点寄航に路線を変更

成田=大連

767-300F

週間1便⇒週間0便

関西=大連

767-300F

週間2便⇒週間1便

成田-天津-大連-成田

767-300F

週間0便⇒週間1便

成田-天津-大連-関西

767-300F

週間0便⇒週間1便

成田=青島

767-300F

週間1便⇒週間2便

青島への運航便数は変わらず、路線の組み替えを実施

関西-青島-成田

767-300F

週間2便⇒週間1便

成田=広州

747F767F

週間1便

機材変更

関西=台北

767-300F

週間0便⇒週間2便

新規路線

成田-関西-台北-成田

747-400F

週間1便⇒週間0便

767Fの関西=台北線運航に伴うルート変更

成田=台北

747-400F

週間4便⇒週間5便



【機材計画】

747型機材の10機退役を予定する等、機材更新を積極的に進め、競争力向上を図ります。

導入

777-300ER

767-300ER

737-800

E170

合計

3

5

9

2

19



退役

747

767-300

MD81

合計

10

2

6

18



以 上

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
JGN07132.pdf

添付PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。詳しくは プラグインについてのご案内をご参照下さい。
ページのトップへ
Copyright © Japan Airlines. All rights reserved.