PRESS RELEASES プレスリリース

  • 2008年04月21日

JAL、「がんばれ!ニッポン!」特別塗装機材の運航を決定!

第08007号

JALは北京オリンピックの開催に向けて、かつて日本を沸かせたオリンピックメダリストの顔写真と応援メッセージを描いた特別塗装の777-300型機を国内線に就航させることを決定しました。機体には鈴木大地さん(*1)、岩崎恭子さん(*2)、森末慎二さん(*3)、山下泰裕さん(*4)、古賀稔彦さん(*5)、有森裕子さん(*6)、小谷実可子さん(*7)らオリンピアンを描きます。20085月中旬から東京(羽田)=那覇、東京(羽田)=札幌線、大阪(伊丹)=那覇線、大阪(伊丹)=札幌線を中心に運航し、日本の空から北京オリンピック日本選手団を応援してまいります。

 

(*1)1988年ソウルオリンピック100m背泳ぎ金メダル (*2)1992年バルセロナオリンピック女子200m平泳ぎ金メダル (*3)1984年ロセンゼルスオリンピック体操鉄棒金メダル、跳馬銀メダル、体操団体銅メダル (*4)1984年ロセンゼルスオリンピック柔道男子無差別級金メダル (*5)1992年バルセロナオリンピック柔道男子71kg級金メダル、1996年アトランタオリンピック柔道男子78kg級銀メダル (*6)1992年バルセロナオリンピック銀メダル、1996年アトランタオリンピック銅メダル (*7)1988年ソウルオリンピックシンクロナイズドスイミングソロ銅メダル、デュエット銅メダル

 

この特別塗装機内ではJALJOC(日本オリンピック委員会)のロゴをプリントした特別ヘッドレストカバーを装着し、また特製ペーパーカップでのお飲み物のサービスなどオリンピックムードを満載しています。これらのサービスは20086月よりJALの全中国路線エコノミークラス座席にも拡大します。さらに8月からは中国線の一部路線/クラスでオリンピック特製機内食をご提供してオリンピックムードを盛り上げてまいります。このほか、JAL客室乗務員や空港係員の「がんばれ!ニッポン!」特製応援バッジの着用、JOCジャパンハウス内「プロモーションブース」への出展などにより日本中でオリンピックの応援旋風をまきおこしてまいります。近日中、JALホームページ上にオリンピック日本選手団応援ページを立ち上げますのであわせてご参照ください。

 

JALJOC(日本オリンピック委員会)のオフィシャルパートナーです。また1998年の長野冬季オリンピックから2004年アテネオリンピックまでJOC唯一のオフィシャルエアラインとしてオリンピックを支援してまいりました。「がんばれ!ニッポン!」、JALは今回の北京オリンピックでも日本の空から強力に応援してまいります。

以 上

イメージ

オリンピアン

鈴木大地

岩崎恭子

森末慎二

山下泰裕

生年月日

1967310

1978721

1957522

195761

オリンピックの

成績

1988年ソウルオリンピック100m背泳ぎ金メダル

1992年バルセロナオリンピック女子200m平泳ぎ金メダル

1984年ロセンゼルスオリンピック体操鉄棒金メダル、跳馬銀メダル、体操団体銅メダル

1984年ロセンゼルスオリンピック柔道男子無差別級金メダル

現在の活動

順天堂大学スポーツ健康科学部准教授(医学博士)、スポーツコメンテーター、解説者

水泳の楽しさを伝えるため、全国で子供達を中心としたイベントの開催

日本体操協会理事、九州共立大学特別客員教授、スポーツコメンテーター

全日本柔道連盟理事、日本オリンピアンズ協会理事、東海大学教授、柔道部監督



オリンピアン

古賀稔彦

有森裕子

小谷実可子

生年月日

19671121

19661217

1966830

オリンピックの

成績

1992年バルセロナオリンピック柔道男子71kg級金メダル、1996年アトランタオリンピック柔道男子78kg級銀メダル

1992年バルセロナオリンピック銀メダル、1996年アトランタオリンピック銅メダル

1988年ソウルオリンピックシンクロナイズドスイミングソロ銅メダル、デュエット銅メダル

現在の活動

古賀塾塾長、IPU・環太平洋大学体育学部教授兼女子柔道部総監督

日本陸上競技連盟理事、国際陸連(IAAF)女性委員国連人口基金親善大使

日本オリンピック委員会理事、スポーツコメンテーター



*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
JGN08007A.pdf
 

SHARE
TITLE

この著作物(以下「本著作物」といいます)をご利用者がダウンロードのうえ利用するには、本著作物の利用方法等を規定する日本航空株式会社(以下「JAL」といいます)の「著作物利用規約」(以下「本規約」といいます)を理解し同意いただく必要があります。本規約に同意いただいた方、またはJALの事前の書面による許諾を受けた方に限り、本著作物の利用許諾を受けたこととし、その他の場合には本著作物を利用することはできません。

著作物利用規約

本著作物の著作権はJALが保有するものとします。

ご利用者は、報道または解説を目的とする場合に限り、非独占的に、本著作物を利用、複製、上演、演奏、上映、展示、口述、公衆送信することができます。

ご利用者は、本著作物につき、製品またはテクノロジーの宣伝(広告、パンフレット、雑誌・書籍の表紙、ストックフォト、販促品における利用を含みますがこれらに限られません)その他いかなる商業目的における利用はできないものとし、JALの事前の書面による許諾なく、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案することはできず、本規約により許諾を受けた権利の全部または一部を第三者に再許諾することはできません。また、いかなる理由においても、本著作物の全部または一部を不鮮明化等するなどの改変を行うことはできません。

ご利用者が本規約に違反した場合、ご利用者が本規約に基づくJALの要請に応じない場合その他JALが必要と認めた場合には、JALはご利用者に対し、本著作物の利用を直ちに中止し、本著作物および全ての複製物の返還または破棄を請求することができ、ご利用者はかかる請求に直ちに応じるものとします。

JALは事前に何ら予告することなく、本著作物の提供を中止し、もしくは本著作物の内容または提供方法を任意に変更することができます。

JALは、ご利用者が本著作物を利用したことに関連してご利用者が被った損害、データ破損、機器の不具合、機会損失その他一切の不都合から免責されるものとします。

本規約に定めのない事項については、本ウェブサイトの「サイト利用規約」の定めが本規約と一体をなすものとして適用されるものとします。