PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2008年08月07日

JALグループ、2008年度下期路線便数計画の一部変更を決定

第08062号

JALグループは本日、2008年度下期の国際旅客事業・国内旅客事業・貨物事業における路線便数計画の一部変更を決定しました。

燃油価格が高騰する中、収益性の確保と向上の観点で徹底的な見直しを行いました。国際線4路線の増便と3路線の運休、国内線9路線の増減便と12路線の運休、国際線5路線における使用機材の小型化と5路線におけるダイヤの見直し、6路線でのJALシェルフラットシートやJALスカイシェルシートの導入、中国全路線での個人型テレビモニター付き機材の固定運用などにより収益性と競争力を向上させて、2010年度の首都圏発着枠拡大に備えます。

路線便数の当初計画からの変更の概要は以下のとおりです。*下記計画は関係当局の認可を前提としております。

 

 国際旅客事業

 

1. 好調な4路線の増便によるアジアネットワークの増強と3路線の運休により、収益性の向上を図ります。

 

【 増便 】

路線

便数変更

増便時期

備考

東京(成田)=ソウル

週間21便⇒週間26便

20081026日~

大阪(関西)=上海

週間14便⇒週間21便

20081026日~

大阪(関西)=ハノイ

週間 4便⇒週間 7便

20081026日~

大阪(関西)=ソウル

週間14便⇒週間21便

20081026日~



【 運休 】

路線

便数変更

運休時期

備考

福岡=上海

週間 7便⇒運休

20081026日~

名古屋(中部)=釜山

週間 7便⇒運休

20081026日~

大阪(関西)=ロンドン

週間 7便⇒運休

2009329日~



2. 5路線で使用機材を小型化や省燃費機材への更新を進め、収益性の向上を図ります。

路線

機材変更

実施時期

備考

東京(羽田)=上海(虹橋)

747-400777-200ER

20081026日~

東京(成田)=上海(浦東)

767-300ER737-800

20081026日~

619/610便のみ

東京(成田)=杭州

767-300ER737-800

20081026日~

東京(成田)=台北

747-400767-300ER

200931日~

647/642便のみ

大阪(関西)=上海

767-300ER737-800

200911日~

629/620便のみ



3. ダイヤを改善して乗り継ぎの利便性や選好性を向上させ、収入増を図ります。

路線

時間変更

変更時期

東京(成田)-クアラルンプール

JL723便の成田出発時刻前倒しによりマレーシア国内線への乗り継ぎ利便性を向上

20081026日~

東京(成田)-アムステルダム

JL411便の成田出発時刻前倒しにより欧州域内便への乗り継ぎ利便性を向上

20081026日~

広州-東京(成田)

JL660便の広州早朝出発を1時間程度後倒しして選好性を向上

20081026日~

東京(成田)=釜山

JL969便の成田出発時刻を夕刻に、JL960便の釜山出発時刻を早朝に変更し、韓国発需要の成田における乗り継ぎ利便性を向上

20081026日~

大阪(関西)=釜山

JL967便の関西出発時刻を午後から午前に変更することにより、関西発需要の利便性を向上

20081026日~



4. エグゼクティブクラスのJALシェルフラットシート、プレミアムエコノミーのJALスカイシェルシート導入路線を拡大します。また中国線では現在、約95%の便において個人型テレビモニター付き機材での運航を行っておりますが、20091月より全便に拡大します。

路線

サービス変更の内容

変更時期

東京(成田)=シドニー

エグゼクティブクラスにJALシェルフラットシートを導入

20081027日~

東京(成田)=ジャカルタ

エグゼクティブクラスにJALシェルフラットシートを導入

200911日~

東京(成田)=モスクワ

エコノミークラスにプレミアムエコノミーシートを導入

20081129日~

東京(成田)=アムステルダム

エコノミークラスにプレミアムエコノミーシートを導入

2008126日~*1

大阪(関西)=ロンドン

エコノミークラスにプレミアムエコノミーシートを導入

20081129日~*2

名古屋(中部)=パリ

エコノミークラスにプレミアムエコノミーシートを導入

2008126日~

中国線全便

全クラスで個人型テレビモニター付き機材を投入

200911日~



(*1)2008102日~125日は木,,日曜日にご提供  (*2) 2008101日~1128日は月,,金曜日にご提供

 

 国内旅客事業

 

1.5路線の増便と4路線の減便、12路線の運休により収益性の向上を図ります。

 

【 増便 】

路線

便数変更

増便時期

備考

東京(羽田)=松山

14便⇒15便

200811月~

東京(羽田)=宮崎

14便⇒15便

200811月~

年末年始・春休みを除く

福岡=東京(成田)

11便⇒12便

200811月~

ロサンゼルス,ニューヨーク線などに接続

大阪(伊丹)=新潟

15便⇒16便

20093月~

名古屋(中部)=札幌

14便⇒15便

20092月~



【 減便(増便計画修正を含む)

路線

便数変更

減便時期

備考

大阪(関西)=札幌

16便⇒14便

200811月~

大阪(関西)=福岡

14便⇒13便

200811月~

大阪(関西)=那覇

15便⇒14便

200811月~

2007年度下期と同便数

名古屋(小牧)=熊本

12便⇒11便

200811月~



【 運休 】

路線

便数変更

運休時期

備考

大阪(関西)=函館

11便⇒運休

200811月~

大阪(関西)=仙台

11便⇒運休

200811月~

大阪(関西)=いわて花巻

11便⇒運休

20092月~

大阪(関西)=秋田

11便⇒運休

20092月~

大阪(伊丹)=福島

11便⇒運休

20092月~

大阪(関西)=福島

11便⇒運休

20092月~

神戸=鹿児島

12便⇒運休

20092月~

名古屋(中部)=福岡

14便⇒運休

2009329日~

113便、12月~328日は1便

運航

いわて花巻=那覇

春休み運航⇒運休

20093月~

仙台=那覇

12月運航⇒運休

20081219日~

福島=那覇

11便⇒運休

20092月~

日本トランスオーシャン航空による運航

高知=那覇

週間3便⇒運休

20092月~

日本トランスオーシャン航空による運航



 

 貨物事業

 

1.路線便数の見直しを実施した結果、以下の通り変更を行い収益性の向上を図ります。主な変更点は以下のとおりです。

路線

変更内容

実施時期

備考

東京(成田)=アンカレッジ=

ニューヨーク

週間6便⇒週間3便

20081026日~

機材:747-400型貨物機

東京(成田)=ロサンゼルス

週間7便⇒週間6便

20081026日~

機材:747-400型貨物機

東京(成田)-クアラルンプール-

マニラ-大阪(関西)-東京(成田)

週間1便⇒運休

20081026日~

機材:767-300型貨物機

東京(成田)=香港

週間5便⇒週間6便

20081026日~

増便分機材:767-300型貨物機

東京(成田)-シンガポール-

バンコク-名古屋(中部)-

東京(成田)

週間3便⇒週間2便

20081026日~

機材:747-400型貨物機

東京(成田)-シンガポール-

バンコク-大阪(関西)-

東京(成田)

週間0便⇒週間1便

20081026日~

機材:767-300型貨物機

東京(成田)=台北

週間5便⇒週間4便

20081026日~

機材:747-400型貨物機

東京(成田)-台北-

名古屋(中部)-東京(成田)

週間0便⇒週間1便

20081026日~

機材:747-400型貨物機



以 上

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
JGN08062.pdf 

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。