PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2009年08月04日

アジア初、地球にやさしいペットボトルワインを採用

第09071号

JALは、国際線エコノミークラスにペットボトルに入ったワインをアジアで初めて採用し、200986日の成田=ロンドン線JAL403便からご提供を開始し、順次他路線へ拡大いたします。また、このJAL403便は、“緑の尾翼”の「JALエコジェット」2号機で運航いたします。イメージ

■空のエコ - 1

容器の重さは、今までのガラスボトルに比べ約1/7と超軽量。(ボトル単体で約22グラム)、ボトルの強度も維持し、安全で軽量なペットボトルです。ボトルの軽量化により、使用燃料と航空機からのCO2排出量を大幅に削減できることになります。また、見た目はこれまでの瓶ワインとほとんど変わりありません。


■空のエコ - 2  

ペットボトルはリサイクル可能な地球にやさしいエコボトル。JALでは既に機内で消費した飲料ペットボトルのリサイクル活動を実施していますが、使用済みのワインペットボトルも、これまで同様にリサイクルすべく検討を行っています。


■空の楽しみ

南フランスのワインズツリー社と、最新ボトリングラインを擁するポール・サパン社とのコラボレーションで実現したワイン「バロン・マキシム(BARON MAXIME)」は、スペイン産アイレーン種のぶどう100%で造られた「白ワイン」と、フランス産メルロ種のぶどう100%で造られた「赤ワイン」があり、どちらも香り高く、フレッシュ&フルーティーな味わい深いワインです。


■国際線エコジェットの就航  イメージ

昨夏、国内線に就航した「JALエコジェット」1号機(JA8984/777-200型機)に加え、同じ“緑の尾翼”と紙飛行機モチーフのあしらわれた、「JALエコジェット」2号機(JA731J/ボーイング777-300ER)が、国際線に就航します。今後、成田=ロンドン、パリ、フランクフルト、ソウル線を中心に運航します。


味わいも一新、エコなボトルに詰まったフレッシュ&フルーティーなワインを、空の上でどうぞお楽しみ下さい。JALグループはJALエコジェットの緑の翼のシンボルの下、「空のエコ」プロジェクトを更にパワーアップさせてまいります。  

以上

 *印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
JGN09071.pdf 

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。