PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2010年10月15日

JAL、ボーイング767-300ER 国際線新造機に新シートおよび新機内エンターテイメントシステムを導入

10082

 

~エグゼクティブクラス「JALスカイリクライナー」で「上質なくつろぎを感じる、自由満ち足りた時間(とき)」をご提供します~

 

JAL201010月より投入するボーイング767-300ER・国際線新造機に、新開発のエグゼクティブクラスシート「JALスカイリクライナー」、並びに、最新型機内エンターテイメントシステム「MAGIC-Ⅴ(マジック-ファイブ)」を導入いたします。お客さまから頂いている様々なご要望やご期待を反映し、よりおくつろぎいただける機内空間を実現します。なお、新シート並びに「MAGIC-Ⅴ(マジック-ファイブ)」を装着するボーイング767-300ER・国際線新造機は、羽田とシンガポールやペキンなどを結ぶ路線の一部便に投入する予定です。

 

 

エグゼクティブクラス・新シート

プライベートソファに腰掛けたような、優しく包み込まれるようなくつろぎを目指しました。

■シート名称         : 「JALスカイリクライナー」(英語名:JAL Skyrecliner

■配列                 : 2 - 2 - 2

■座席ピッチ         : 約129.5cm51インチ)

■主な特徴           : 

(1)大型のセンターデバイダーにより、1座席ごとのプライベートな空間をご提供いたします。

(2)前席下の空間を広く、シートポケットを大容量にして収納を充実させました。

(3)個人用テレビは10.6インチモニターに拡大しました。また新たにVideo Input機能USB端子を設置しました。エグゼクティブクラスの全席にパソコン用電源も設置しています。

(4)機内での専用車椅子への乗り換えに対応するムーバブルアームレストを採用しました。またシートコントローラーはユニバーサルデザインによる大型ボタンを採用しています。

 

JGN10082_fig1.jpg

 

     

JGN10082_fig2.jpg

 

 

新機内エンターテイメントシステム“MAGIC-Ⅴ”

 

全席オンディマンド機能で、お客さまにご好評をいただいている“MAGIC-Ⅲ”を更に進化させた新システム“MAGIC-Ⅴ”を開発し、採用しました。

 

■新機能

(1)ハンドセットでの操作に加え、タッチスクリーンでの操作が可能となります。

(2)Video Input機能により、お客さまがお持ちのiPod、デジタルカメラ、ビデオカメラなどを接続して、写真、ビデオなどをIFEモニターにてご覧いただけます。

(3)Picture In Picture(PIP)機能により、映画、ビデオプログラムを視聴中に小さなフライトマップを同時に表示することができます。

(4)Interactive Map機能により、フライトマップの表示方法をお客さまがお選びいただけます。

(5)美しいグラフィックでリアルな臨場感が味わえる3Dゴルフなど、こだわりのゲームをご用意しています。

 

 

タッチパネルと16:9のワイドモニター                       Video Input機能

 JGN10082_fig3.jpg         JGN10082_fig4.jpg

 

 

新シート、新機内エンターテイメントシステムの詳細はJALホームページをご覧下さい。

  新シート http://www.jal.co.jp/inflight/inter/executive/

  新機内エンターテイメントシステム  http://www.jal.co.jp/inflight/inter

 

 

以上

 

 

 *印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
JGN10082.pdf

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。