PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2010年10月22日

国土交通省による独占禁止法適用免除の認可について

10086

 

JALは本日、アメリカン航空との太平洋路線における独占禁止法の適用免除(以下、「ATI」)の認可を国土交通省より受けました。

 

 

JALとアメリカン航空は、2010107(日本時間、米ワシントン時間では106)に米国運輸省(以下、「DOT」)よりATIの仮認可を受けており、今回の国土交通省による認可を受け、両社は太平洋路線における共同事業の実現に向けて、さらに前進することになります。

 

 

今後日米間の航空自由化協定(オープンスカイ協定)の締結、DOTによるATIの正式認可を受けた際には、JALとアメリカン航空とで行う共同事業に向けた最終準備に入ることになります。共同事業により効率的な事業運営体制や販売体制を構築することで、国内外における競争力をこれまでになく強化し、お客さまへより良いサービスをご提供してまいります。

 

 

JALはこれからもアメリカン航空やワンワールドアライアンスメンバーとの提携関係を強化し、サービス向上と競争力強化に努めてまいります。

  

 

以上

 

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
JGN10086.pdf

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。