JAPAN AIRLINES

PRESS RELEASE

  • 2011年01月26日

JAL、米国Conducive Technology社により定時到着率で『2年連続世界第1位』に認定、ジェイエアも『アジア第1位』に認定

10129

 

~ 安全を大前提とし、お客さまに高品質なサービスを提供してまいります ~

 

JALは、米国のConducive Technology社が発行する、航空会社や空港ごとの定時到着率をはじめ、様々な分析を行っているFlightstats(*1)において、2010年の定時到着率で、2009年に続き2年連続世界第1位に認定されました。2010112月にJALが運航した18343便について、その定時到着率(*2)が「89.90%」であり、世界の大手航空会社 33(*3)中で2年連続第1位と認められたものです。また、これに加えて、ジェイエア(JAIR)も、昨年のジャルエクスプレス(JEX)に引き続きアジア・リージョナルの航空会社9(*4)の中で第1位の認定を受けました。

 

JALグループは、航空会社の基本品質の根幹である定時運航に日々努めていますが、極めて高い定時到着率を2年にわたり維持できているのは、多くのお客さまの定時出発へのご理解とご協力の賜物であると考えています。

 

 

JGN10129_fig1.jpg

        (世界第1位の定時到着率認定証)

 

 

また、定時運航することは、出発待機時を含む運航時の余分な燃料消費、余分なCO2排出を抑制することができるなど、環境負荷軽減に 寄与するため、「空のエコ」の実践に大きく繋がることになります。

 

JALグループは、これからも安全を大前提としつつ、お客さまにもご協力いたきながら、更なる定時運航に取り組み、「世界ナンバーワンのオンタイムエアライン」、「世界ナンバーワンのエコエアライン」として、お客さまに選ばれる航空会社を目指してまいります。

 

 

以 上

 

 

(*1) FlightstatsConducive Technology社(http://www.conducivetech.com/ 米国オレゴン州ポートランド、社長Jeffrey Kennedy氏。2001年設立) がオンライン(www.flightstats.com)で提供する同社の主力商品。航空会社、FAA、空港会社、旅行会社の予約システム(Sabre, Amadeus, Apollo, Galileoなど)を通じてデータを収集し、世界の便の出発・到着遅延に係わる情報をホームページで提供しています。また航空会社ごと・空港ごとの定時到着率をはじめとする様々な分析を行い、同ホームページにて公表しています。同社のデータは海外のメディアなどでも広く紹介・引用されています。

(*2) 定時到着率:同社では便の到着予定時刻に対して遅延15分未満で到着した便が全体に占める比率を示しています。

(*3) 大手航空会社33社:年間30,000フライト以上、アジア・アフリカ・ヨーロッパ・アメリカ・太平洋地域の3つ以上の地域に就航しているエアライン上位33社の2010年の実績中、JALは第1位となりました。

(*4) アジア・リージョナルの航空会社9社:年間20,000フライト以上運航しているアジアのエアライン上位9社の2010年の実績中、J-AIRは第1位となりました

 

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
JGN10129.pdf

SHARE
TITLE

この著作物(以下「本著作物」といいます)をご利用者がダウンロードのうえ利用するには、本著作物の利用方法等を規定する日本航空株式会社(以下「JAL」といいます)の「著作物利用規約」(以下「本規約」といいます)を理解し同意いただく必要があります。本規約に同意いただいた方、またはJALの事前の書面による許諾を受けた方に限り、本著作物の利用許諾を受けたこととし、その他の場合には本著作物を利用することはできません。

著作物利用規約

本著作物の著作権はJALが保有するものとします。

ご利用者は、報道または解説を目的とする場合に限り、非独占的に、本著作物を利用、複製、上演、演奏、上映、展示、口述、公衆送信することができます。

ご利用者は、本著作物につき、製品またはテクノロジーの宣伝(広告、パンフレット、雑誌・書籍の表紙、ストックフォト、販促品における利用を含みますがこれらに限られません)その他いかなる商業目的における利用はできないものとし、JALの事前の書面による許諾なく、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案することはできず、本規約により許諾を受けた権利の全部または一部を第三者に再許諾することはできません。また、いかなる理由においても、本著作物の全部または一部を不鮮明化等するなどの改変を行うことはできません。

ご利用者が本規約に違反した場合、ご利用者が本規約に基づくJALの要請に応じない場合その他JALが必要と認めた場合には、JALはご利用者に対し、本著作物の利用を直ちに中止し、本著作物および全ての複製物の返還または破棄を請求することができ、ご利用者はかかる請求に直ちに応じるものとします。

JALは事前に何ら予告することなく、本著作物の提供を中止し、もしくは本著作物の内容または提供方法を任意に変更することができます。

JALは、ご利用者が本著作物を利用したことに関連してご利用者が被った損害、データ破損、機器の不具合、機会損失その他一切の不都合から免責されるものとします。

本規約に定めのない事項については、本ウェブサイトの「サイト利用規約」の定めが本規約と一体をなすものとして適用されるものとします。