PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2013年02月19日

JAL、米国FlightStats社より定時到着率で「メジャーインターナショナル部門世界第1位」、「アジアメジャー部門第1位」に認定J-AIRも「アジアリージョナル部門第1位」に認定

12212

 

JALグループは、安全を第一に、お客さまに高品質なサービスを提供し続けてまいります~

 

20130219_JGN12212_fig1.jpg

 

 

JALは、航空会社の定時到着率など、さまざまな分析をおこなっている米国のFlightStats社より、20121月~12月に運航した国内線・国際線の定時到着率が「90.35%」となったことについて、世界の大手航空会社29社中 第1位の認定を受けました。(Major International Airlines部門)

同時に、アジアメジャー部門(Asia Major Airlines部門)においても第1位に認定され、両部門にて2009年の表彰制度設立以来、3度目の受賞となります。

 

また、JALグループのジェイエア(J-AIR)も、アジアリージョナル部門(Asia Regional Airlines部門)において、定時到着率「92.58%」で第1位の認定を受けました。同部門においては、JALグループ航空会社が4年連続、第1位を獲得しており、ジェイエア(J-AIR)は2010年の受賞に続き、2度目の第1位受賞となります。

 

加えて、JALが所属するワンワールド・アライアンスも今回新設されたアライアンス部門で第1位の認定を受けました。

 

JALグループは、航空会社の品質の根幹である定時運航に日々努めておりますが、極めて高い定時性を維持できているのは、ご利用いただいている多くのお客さまの定時出発へのご理解とご協力の賜物であると考えています。

 

JALグループは、これからも安全運航を大前提としつつ、JALグループ全社員一丸となり、さらなる定時性向上に取り組み、「世界で一番お客さまに選ばれ、愛される航空会社」を目指してまいります。

 

 

以 上

 

 *印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
20130219_JGN12212_JAL、米国FlightStats社より定時到着率で「メジャーインターナショナル部門世界第1位」、「アジアメジャー部門第1位」に認定J-AIRも「アジアリージョナル部門第1位」に認定.pdf

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。