PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2013年08月28日

JAL空の上のレストランで、ジャン=ポール・エヴァンとのコラボレーションデザートを

(共同リリース)

                                                                              2013828

株式会社 JEAN-PAUL HÉVIN JAPON

 日本航空株式会社

201391日よりJAL国際線ファーストクラス・ビジネスクラスで提供開始

さらにジャン=ポール・エヴァン店頭での同デザートの限定販売が決定 

 

日本航空株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:植木義晴、以下「JAL」)と、JEAN-PAUL HÉVIN/ジャン=ポール・エヴァン(本社:フランス・パリ、ショコラティエ:ジャン=ポール・エヴァン、以下「エヴァン」)は、JAL欧米線、オセアニア線、東南アジア線のファーストクラスおよびビジネスクラスにてご提供している空の上のレストラン「スカイオーベルジュ BEDD」の機内食メニューとして、201391日(日)より、 「日本料理 龍吟」の山本 征治氏および創作料理「山田チカラ」のオーナーシェフである山田チカラ氏とコラボレーションしたオリジナルデザートをご提供します。

山本氏はエヴァンのソルベ カカオ ナチュールを使用して「ムニュBEDD デジール」(デジール=強い願望)を、山田氏はマカロン アメールを使用して「ムニュ BEDD デリス」 (デリス=至福の味)を、個性豊かなコラボレーションデザートとしてプロデュースします。 

 

Menu BEDD

ムニュ BEDD デジール

20130828_JPH_fig1.jpg

ファーストクラスにてご提供するソルベ カカオ ナチュール

山本 征治氏 プロデュース

対象路線:成田発ロサンゼルス、シカゴ、ニューヨーク、ロンドン、フランクフルト、パリ線 

 

Menu BEDD

ムニュ BEDD デリス

20130828_JPH_fig2.jpg

ビジネスクラスにてご提供するマカロンアメール

山田 チカラ氏 プロデュース

対象路線:成田発ロサンゼルス、サンディエゴ、シカゴ、ボストン、ニューヨーク、ロンドン、フランクフルト、パリ、ヘルシンキ線

 

クラシックな料理をその時代にあわせて現代風にアレンジすることで、伝統のなかに新鮮さを生み、現代の皆さまにクラシックながらも新しい提案をする山本氏。「日本料理龍吟」のシェフである山本氏が、JALファーストクラスのお客さまのためだけに考案した洋食にご期待ください。

また、山田氏によるBEDDデザートでは、シックな味わいのエヴァンのマカロンアメールと、厳選された宇治抹茶を使用したムースの絶妙な組合せがお愉しみいただけます。こちらはJAL国際線のビジネスクラスにてご賞味いただけます。 

 

■山本 征治(Seiji Yamamoto

「スカイオーベルジュ BEDD」のファーストクラス担当。1970年香川県生まれ。33歳で東京六本木「日本料理龍吟」のオーナーシェフとして独立。以後、欧米の世界料理学会に招聘され、独創的な感覚とアプローチで日本の豊かな食材の価値を世界に向けて発信し続ける。2012年春、香港ICCビル101階に、初の支店「天空龍吟」をオープン。

JALファーストクラスのお客さまのためだけに、洋食メニューを考案している。 

 

■山田チカラ(Chikara Yamada

「スカイオ―ベルジュ BEDD」ビジネスクラス担当。1971年静岡県生まれ。スペインを中心に6年間海外修行。世界最高のレストランといわれた「エル・ブリ」のフェラン・アドリア氏に師事。2007年に自らの名前を店名にした創作料理のお店を始める。予約の電話も自ら受け、細かく要望をきくなど「おもてなしの心」を大切にしている。

 

*詳細はこちらをご覧下さい。
20130828_共同リリース_ジャン=ポール・エヴァン_JAL.pdf

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。