PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2013年10月21日

JAL、パイロット訓練において日本初となるMPL訓練を導入

13137

 

JALは、今後のパイロットの養成にあたり、今般、COAA(CAE Oxford Aviation Academy Phoenix Inc.)(*1)と契約を締結し、日本初となるMulti-crew Pilot License(以下「MPL)を取得する訓練を、弊社社員を対象に20144月から開始する予定です。

 

MPLは、エアラインのパイロットのうち、副操縦士に求められるライセンスで、2006年にICAO(国際民間航空機関)で規定され、2012年に日本においても法制化された新しい制度です。MPLの養成課程では、常に最新の訓練手法を取り入れ、従来とは異なり、初期段階からマルチクルー(機長と副操縦士の2)の運航を前提に訓練することで、エアラインのパイロット養成に適した体系となっています。海外では数年前から複数のエアラインで導入され、現在、既に多数のMPL訓練による副操縦士が運航に従事しています。

 

JALMPL訓練では、当初より乗務する航空機を特定し4つのフェーズで一貫した訓練を進めます。

Coreフェーズ           (小型単発プロペラ機による訓練)        

Basicフェーズ           (小型双発ジェット機によるマルチクルー運航の基礎と計器飛行)

Intermediateフェーズ  (JALが運航するジェット機の運航に関する訓練)

Advancedフェーズ     (JALが運航するジェット機の型式限定ライセンス取得訓練)

 

このうち、CoreフェーズとBasicフェーズをCOAA社に委託し、米国アリゾナ州フェニックスで訓練を実施します。詳細については、別紙「MPL訓練と従来方式との比較」をご参照ください。

 

MPL訓練が実現すると、従来方式よりも訓練期間が約6カ月短縮となりますが、「航空機の操縦操作や手順に関する能力」に加えて、エアラインの運航に求められる「2人のパイロットがチームとなって安全運航を遂行する能力」が初期段階から身につき、効果的なパイロット養成が可能となります。

JALは、今後も高品質で効率的なパイロット養成を行い、運航品質のより一層の向上に努め、お客さまに最高のサービスを提供してまいります。

(*1) COAA社について(本社:英国)

世界5大陸11カ所に飛行訓練学校を持つ、基礎訓練では世界最大級のパイロット訓練機関。海外他社のMPL訓練を受託し、実績を上げている。CAE社(CAE Inc.(*2)100%出資している。

 

(*2) CAE社について(本社:カナダ)

エアラインその他へのシミュレーター供給および訓練の分野で世界的な大手法人であり、その品質には定評がある。

 

(別紙)

別紙_MPL訓練と従来方式との比較.pdf

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
20131021_JGN13137_JAL、パイロット訓練において日本初となるMPL訓練を導入.pdf

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。