JAL | JAPAN AIRLINES

HOME>プレスリリース>記事

最新リリースに戻る最新リリースに戻る
2013年10月07日
JAL、エアバス社A350型機の導入を決定

(共同リリース)

2013107

日本航空株式会社

エアバス株式会社

 

20131007_AB_fig1.jpg

日本航空株式会社(以下「JAL)は、本日の取締役会において、中長距離路線用の更新機材として、エアバス株式会社(以下「エアバス」)A350型機の導入を決定し、A350-900型機18機およびA350-1000型機13機からなる確定31機、およびオプション 25機の購入契約を締結しました。

JALがエアバス機を発注するのは初めてのことであり()、エアバスが日本の航空会社からA350型機を受注するのも初めてとなります。() 統合前の株式会社日本エアシステムによる発注を除く

今後、両社は2019年のA350型機運航開始を目途に準備し、6年程度で更新を進めてまいります。


A350型機の概要】

A350型機に関しては、2014年の商業運航に向けて20136月より試験飛行が行われている-900型のほか、派生型として長胴型の-1000型、および短胴型の-800型の開発が進められており、新開発のロールスロイス社製エンジンがいずれにも装着されます。


この新開発のエンジンに加え、胴体・主翼など広範囲に複合材を用いることにより、同サイズの既存機に比べて大幅な燃費改善が見込まれるなど、優れた経済性を有しています。また、A350型機は機内の気圧を地上に近づけることなどで、お客さまに快適な空の旅をご提供することが可能となります。また燃費改善に伴い、二酸化炭素や窒素酸化物の排出も抑え、環境にも優しい航空機です。


【日本航空 代表取締役社長 植木義晴のコメント】

JALは、高い運航性能、商品競争力を持ったA350型機を最大限に活用し、首都圏発着枠拡大をはじめとするビジネスチャンスに積極的に対応していきます。今後も、機材更新による変動費の低減など、収益性の向上を図りつつ、新しい客室仕様や着実なネットワーク展開により、常にお客さまに最高のサービスを提供してまいります。」


【エアバス社長兼最高経営責任者(CEO) ファブリス・ブレジエのコメント】

「優れたサービスと快適な空の旅を提供される航空会社であるJALは世界的にも有名です。そのJALがこのたびA350型機を日本で初めて発注されたことを大変光栄に思います。日本を代表する航空会社であるJALとエアバスが新たな関係を構築し、お互いにとって輝かしい未来が開かれることを確信しています。」



以上

20131007_共同リリース_JAL、エアバス社A350型機の導入を決定.pdf

添付PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。詳しくは プラグインについてのご案内をご参照下さい。
ページのトップへ
Copyright © Japan Airlines. All rights reserved.