JAL | JAPAN AIRLINES

HOME>プレスリリース>記事

最新リリースに戻る最新リリースに戻る
2013年10月28日
JAL国内線、機内インテリア全面刷新・機内インターネット導入

 第13144

 

”Welcome !New Sky“ 国内線においても「JALの新しい空」が始まります~

 

JALは、お客さまに「常に新鮮な感動」をお届けしたいとの思いをこめて、Welcome ! New Sky というアクションスローガンのもと、今までにない「新しい空」を作るJAL NEW SKY PROJECTを展開しています。

 

国際線においては、「ひとクラス上の最高品質」をテーマに掲げ、ビジネスクラスへのフルフラット型座席導入をはじめ、全クラスで居住性・機能性を大きく進化させた、「SKY SUITE 777(スカイスイート777)」を20131月より導入し、201312(予定)からは「SKY SUITE 767(スカイスイート767)」が導入されます。

 

今般、国内線においても、「上質な移動空間」をテーマに全クラス本革仕様のシートとLED照明を採用するなど、機内インテリアを刷新します。

普通席には新型スリムシートを導入することで、足元スペースを最大5センチ拡大し、お客さまの快適性の向上を

図ります。

 

さらに、国際線で20127月より展開している機内インターネットサービスを国内線にも他社に先駆けて導入します。

 

今後も、お客さまのご搭乗に感謝し、社員一人ひとりが心をこめてお届けするJALの「新しい空」に、ご期待ください。

 

1. 国内線機内インテリア刷新

  

      (1) 機材概要

■対象機材    国内線ボーイング777200/300型機

                       国内線ボーイング767300/300ER型機

                       国内線ボーイング737800型機

                      合計77(予定)

 

■就航時期    20145月~(予定) ※具体的な就航日・就航路線は、確定次第ご案内します。

 

(2) 座席

高級車などのシートに採用されている本革を、クラスJおよび普通席のシートカバーに採用、国内線機材すべての座席を、本革仕様の上質感のあるシートに刷新します。さらに、カーペットもリニューアルして機内インテリア全体をカラーコーディネートします。

 

   普通席

-居住性と快適性の向上をコンセプトに、シートのスリム化を実現し、足元スペース(ひざ回り)を現行座席から最大5センチ拡大します。

-クッション形状の工夫により、お座りいただいたときの安定感が向上します。

-地球環境に配慮し、座席重量を軽量化することで、消費燃料の削減を実現します。

20131028_DOM_Interia_fig1.jpg

 

② クラスJ座席

-「ちょっとゆったりとしたくつろぎの空間を、手軽に気軽に味わえる」をコンセプトとして、大変ご好評をいただいているクラスJを、本革仕様のシートに変更して、上質な空間としてリニューアルします。

20131028_DOM_Interia_fig2.jpg

 

(3) 機内照明のLED

-「空気のような照明」をコンセプトに、フライト中の時間や季節に応じた機内照明環境を演出し、時間とともに移ろう自然のリズムを通じて、くつろぎと日本らしさを感じていただけます。

20131028_DOM_Interia_fig3.jpg  20131028_DOM_Interia_fig4.jpg

(日々の移ろい(日中))                        (季節の移ろい())

 

(4) ボーイング767300ER型機へのファーストクラス導入

一部ボーイング767型機にも、ご好評いただいているファーストクラスを装着し、サービス対象便の拡充を図ります。

 

2. 国内線機内インターネットのサービス導入について

  

    

    ■対象機材           国内線ボーイング777200/-300型機

                            国内線ボーイング767300/-300ER型機

                       国内線ボーイング737800型機

                       合計77(予定) 

 

■就航時期           2014年夏~ (予定) ※具体的な就航日・就航路線は、確定次第ご案内します。

 

■サービス内容    

 

無線LAN対応端末および接続施設の増加を背景に、機内においてもクオリティの高い通信環境を望まれるお客さまのニーズを受け、より快適に、より便利に、空の旅をお楽しみいただくため、2014年夏より、gogo(*)の衛星接続サービスを利用した、日本の国内線で初となる機内インターネットサービス(有料)を開始します。

JAL国内線の機内において、お客さまご自身の各種端末(Wifi機能装備)からメールの利用やインターネット閲覧などができるようになり、フライト中も「地上とつながる安心感」を体感いただけます。

新座席および機内インターネットサービスなどの新サービスの詳細については、20141月下旬に別途お知らせします。

20131028_DOM_Interia_fig5.jpg

 

 

(*) gogo

所在地    米国イリノイ州アイタスカ

社長       Michael Small(マイケル・スモール氏)

設立       1991

事業内容  :ゴーゴーは、機内インターネットと機内デジタル・エンターテイメントにおいて、世界をリードする会社です。2000年に地上波を利用した機内インターネットサービスを米州で開始。現在、米州で大規模に事業を展開しており、ビジネスジェット2,000機を含めて、6,500機にサービスを展開しています。

20131028_DOM_Interia_fig6.jpg 

 

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。

20131028_JGN13144_JAL国内線、機内インテリア全面刷新・機内インターネット導入_.pdf

添付PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。詳しくは プラグインについてのご案内をご参照下さい。
ページのトップへ
Copyright © Japan Airlines. All rights reserved.