PRESS RELEASES プレスリリース

  • 2013年11月28日

JAL、2014年3月30日から成田=ニューヨーク線の増便を決定

13168

      JALは、2014330日より、成田=ニューヨーク線を週7便から週14便に増便することを決定しました。 

今回、新たに「成田を午後7時台(日本時間)に出発」「ニューヨークを午前9時台(現地時間)に出発」する便を増やすことで、需要の旺盛な南米地域とのアクセスも、ニューヨークにおける乗継時間が日本発、海外発の双方向で大幅に短縮され、お客さまの利便性がより高まります。    

 

さらに、アジアとニューヨーク間のアクセスにおいて、成田で同日に乗り継ぎが可能になる地点が、6都市(*1)から12都市(*2)に拡大し、乗継時間も短縮することで、今後も成長が見込まれる、アジアと北米間をご利用されるお客さまのニーズにお応えします。

 

ますます充実する、JALの北米線ネットワークをぜひご利用ください。

*1:シンガポール・ハノイ・ホーチミンシティ・バンコク・ソウル・プサンの6都市

*2:上記に、マニラ・北京・上海・香港・台北・高雄を加えた12都市

北米路線.jpg

   ■増便スケジュール

路線

運航便数
(
往復)

機材

クラス

増便時期

運航スケジュール
(
現地時間)

成田=ニューヨーク

週間 7便

(毎日)

787-8

ビジネスクラス

エコノミークラス

2014330日~

2014330日~1026

JL4便 成田発 19:45 - ニューヨーク着 20:00

JL3便 ニューヨーク発9:30-成田着12:40(翌日)

*201451日~930日の間、JL4便は10分早発、JL3便は10分遅発となります。




   

      

 

 

 

       *上記計画とスケジュールは関係当局の認可を前提としております。スケジュールおよび使用機材は予告なしに

         変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

 *成田=ニューヨーク線は、アメリカン航空との共同事業の路線であり、アメリカン航空とのコードシェアも予定しています。

     <参考>運航中のスケジュール

路線

運航便数
(
往復)

機材

クラス

運航スケジュール
(
現地時間)

成田=ニューヨーク

週間 7便

(毎日)

777-300ER

ファーストクラス

ビジネスクラス

プレミアムエコノミー

エコノミークラス

2014330日~1026

JL6便 成田発 1110 - ニューヨーク着 1105

JL5便 ニューヨーク発 13:15 - 成田着 16:25(翌日)

*201451日~930日の間、JL6便は10分遅着、JL5便は10分遅発となります。



     <参考>南米へのアクセス改善例(日本発)

目的地

利用便

成田発

ニューヨークでの
乗継時間

現地着

所要時間

総移動時間の
短縮幅

サンパウロ

JL4(増便)

1945

2時間30

900

25時間15

6時間10

JL6(運航中)

1110

9時間10

635

31時間25

ブエノスアイレス

JL4(増便)

1945

2時間25

1000

26時間15

3時間15

JL6(運航中)

1110

5時間20

440

29時間30



  <参考>南米からのアクセス改善例(南米発)

南米発地

利用便

現地発

ニューヨークでの
乗継時間

成田着

所要時間

総移動時間の短縮幅

サンパウロ

JL3(増便)

2230

2時間30

1240

26時間10

3時間45

JL5(運航中)

2230

6時間15

1625

29時間55

ブエノスアイレス

JL3(増便)

2030

3時間10

1240

28時間10

1時間15

JL5(運航中)

2300

4時間10

1625

29時間25



  *上記スケジュールはすべて現時点で確認したものであり、予告なく変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

  *印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
20131128_JGN13168_JAL,2014年3月30日から成田=ニューヨーク線の増便を決定.pdf

SHARE
TITLE

この著作物(以下「本著作物」といいます)をご利用者がダウンロードのうえ利用するには、本著作物の利用方法等を規定する日本航空株式会社(以下「JAL」といいます)の「著作物利用規約」(以下「本規約」といいます)を理解し同意いただく必要があります。本規約に同意いただいた方、またはJALの事前の書面による許諾を受けた方に限り、本著作物の利用許諾を受けたこととし、その他の場合には本著作物を利用することはできません。

著作物利用規約

本著作物の著作権はJALが保有するものとします。

ご利用者は、報道または解説を目的とする場合に限り、非独占的に、本著作物を利用、複製、上演、演奏、上映、展示、口述、公衆送信することができます。

ご利用者は、本著作物につき、製品またはテクノロジーの宣伝(広告、パンフレット、雑誌・書籍の表紙、ストックフォト、販促品における利用を含みますがこれらに限られません)その他いかなる商業目的における利用はできないものとし、JALの事前の書面による許諾なく、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案することはできず、本規約により許諾を受けた権利の全部または一部を第三者に再許諾することはできません。また、いかなる理由においても、本著作物の全部または一部を不鮮明化等するなどの改変を行うことはできません。

ご利用者が本規約に違反した場合、ご利用者が本規約に基づくJALの要請に応じない場合その他JALが必要と認めた場合には、JALはご利用者に対し、本著作物の利用を直ちに中止し、本著作物および全ての複製物の返還または破棄を請求することができ、ご利用者はかかる請求に直ちに応じるものとします。

JALは事前に何ら予告することなく、本著作物の提供を中止し、もしくは本著作物の内容または提供方法を任意に変更することができます。

JALは、ご利用者が本著作物を利用したことに関連してご利用者が被った損害、データ破損、機器の不具合、機会損失その他一切の不都合から免責されるものとします。

本規約に定めのない事項については、本ウェブサイトの「サイト利用規約」の定めが本規約と一体をなすものとして適用されるものとします。