JAL | JAPAN AIRLINES

HOME>プレスリリース>記事

最新リリースに戻る最新リリースに戻る
2014年01月22日
JALグループ、2014年度 路線便数計画を決定

13199        

~国際線、国内線のネットワークを拡大~     

 

JALグループは、2014年度の国際線および国内線について路線便数計画を決定しました。 

 

国際線については、羽田空港の国際線発着枠拡大に伴い、昼間時間帯に新たに羽田=ロンドン線、羽田=パリ線、羽田=シンガポール線、羽田=バンコク線を運航します。加えて、深夜早朝時間帯を活用することで、330日より新たに羽田=ホーチミン線を開設し、お客さまの利便性向上と、国内線との乗り継ぎを活用した地方発着需要の取り込みを強化してまいります。  

また、成田空港においては、今後成長が期待される北米=アジア需要の取り込みを強化するため、成田=ニューヨーク線を7便増便して週14便とし、旺盛なビジネス需要が見込まれる成田=モスクワ線については、週1便増便し週4便体制とします。 

 

機材については全社的な商品改善を進め、スカイスイート機材を倍増し、特にエコノミークラスにおいてプラス最大10cmのゆとりを実現した座席「スカイワイダー」を装着した機材での運航便を拡大します。さらに、ボーイング787型機の導入に伴い、2014年度下期の早い時期には中長距離東南アジア線とホノルル線のビジネスクラスはすべてフルフラットまたはシェルフラット装着機材でのサービスを実現し、お客さまの快適性向上に努めてまいります。 

 

国内線については、羽田発着路線に関し、政策コンテストにおいて山形県と共同で提案を行い、選定された、羽田=山形線の複数便化などの増便を図ります。

また地方路線については、過去に運休した路線の中から、地域と共に路線運営が可能と判断した6路線を再開することで、お客さまのさらなる利便性向上を図ります。 

※下記計画とスケジュールは関係当局の認可を前提としております。      

 

国際線

1.羽田発着路線の開設・増便・時間変更

【開設・増便】

路線

時期

変更内容(往復)

機材

便名/発着時刻

備考

羽田=シンガポール

2014

330

週間7便⇒14便

777-200ER

767-300ER

JL037 羽田発11:20-シンガポール着17:20

JL038 シンガポール発01:50-羽田着09:50

(*1)

(*2)

羽田=バンコク

2014

330

週間7便⇒14便

777-200ER

767-300ER

JL031 羽田発11:30-バンコク着15:40

JL032 バンコク発09:45-羽田着17:55

羽田=ロンドン

2014

330

週間0便⇒7便

777-300ER

JL043 羽田発11:20-ロンドン着15:50

JL044 ロンドン発19:15-羽田着15:00+1

(*3)
(*4)

羽田=ホーチミン

2014

330

週間0便⇒7便

767-300ER

JL079 羽田発01:25-ホーチミン着05:15

JL070 ホーチミン発13:55-羽田着22:00

(*2)
(*5)

(*1) 330日、31日は便名を、羽田=シンガポール:JL719/JL710、羽田=バンコク:JL717/718として運航。

(*2) SKY SUITE 767機材での運航(SS6の詳細はhttp://www.jal.co.jp/newsky/ss6/をご参照ください)

(*3) BA機材運航のコードシェア便に加え、JAL機材運航による羽田=ロンドン線を増設。

(*4) SKY SUITE 777機材での運航(SS7の詳細はhttp://www.jal.co.jp/newsky/ss7/をご参照ください)330日、31日は便名をJL401/JL402として運航。

(*5) 羽田深夜早朝時間帯を活用して開設。      

 

【発着時刻、機材変更】

路線

時期

機材

変更前(便名/発着時刻)

変更後(便名/発着時刻)

備考

羽田=パリ

2014

330

777-200ER

   ⇒

777-300ER

JL041羽田発00:40-パリ着06:20

JL042パリ発11:30-羽田着06:30+1

JL045羽田発10:35-パリ着16:10

JL046パリ発21:00-羽田着15:55+1

(*6)

(*6) 羽田(深夜発夕刻着)=パリ線はAF(エールフランス航空)運航のコードシェア便で継続予定。(詳細は決まり次第、JALホームページでお知らせします。)

330日、31日は便名をJL405/JL406として運航。    

  

2.成田発着路線の増便・時間変更・機材変更

【増便】

路線

時期

変更内容(往復)

機材

便名/発着時刻

備考

成田=ニューヨーク

2014

330

週間7便⇒14便

787-8

JL004 成田発18:30-ニューヨーク着18:25

JL003 ニューヨーク発09:30-成田着12:40+1

(*7)

成田=モスクワ

2014

330日~1025

週間3便⇒4便
(月曜日を追加)

787-8

月、水、金、日運航

JL441 成田発10:45-モスクワ着16:00

JL442 モスクワ発18:15-成田着08:35+1

       (*7) 51日から831日は、成田10分早発、ニューヨーク10分遅発にて運航。 

 

【運休】

路線

便名

時期

変更内容(往復)

成田=ロンドン

JL401/JL402

2014330

週間7便⇒0便

(*8)

(*8) 成田=ロンドン線はBA(ブリティッシュエアウエイズ)運航のコードシェア便で継続。   

 

【減便】

路線

時期

変更内容(往復)

運航継続便

機材

備考

成田=シンガポール

2014

330

週間14便⇒7便

JL711 成田発18:10-シンガポール着00:30

JL712 シンガポール発08:10-成田着16:20

767-300ER

(*9)

成田=バンコク

2014

330

週間14便⇒7便

JL707 成田発18:05-バンコク着23:00

JL708 バンコク発08:10-成田着16:15

767-300ER

(*9)  SKY SUITE 767機材での運航(SS6の詳細はhttp://www.jal.co.jp/newsky/ss6/をご参照ください)    

 

【発着時刻・機材変更】

路線

時期

機材

変更前(便名/発着時刻)

変更後(便名/発着時刻)

備考

成田=パリ

2014

330

777-300ER

787-8

JL405成田発11:10-パリ着16:45

JL406パリ発19:30-成田着14:20+1

JL415成田発14:35-パリ着20:10

JL416パリ発22:20-成田着16:55+1

 

3. その他の機材変更

路線

時期

便名

変更内容(往復)

備考

羽田=バンコク

2014

330

JL033/JL032

777-200ER787-8767-300ER

成田=バンコク

JL707/JL708

羽田=上海(虹橋)

JL081/JL082

20146月中旬まで 777-200ER767-300ER

20146月中旬以降 767-300ER777-200ER

成田=デリー

JL749/JL740

787-8 777-200ER (*10)

成田=シドニー

JL771/JL772

羽田=シンガポール

JL037/JL036

羽田=シンガポール

JL035/JL038

787-8 767-300ER

成田=シンガポール

JL711/JL712

羽田=北京

JL021/JL022

成田=バンクーバー

JL018/JL017

   767-300ER787-8

成田=ホノルル

JL786/JL785

JL784/JL783

成田=ソウル(仁川)

JL951/JL954

JL959/JL950

        767-300ER737-800

(*10)成田=デリー線、成田=シドニー線、羽田=シンガポール線(JL037/JL036)では、プレミアムエコノミーサービスを提供。

4. 国際線における商品改善について

 エコノミークラスにおいて、『新・間隔エコノミー』の名称でご好評いただいているプラス最大10cmのゆとり*11を実現した座席「スカイワイダー」を装着した機材(スカイスイート777/767)を、現在(122日)の10機体制から、20147月上旬にかけ22機まで倍増します。
 また、201312月より就航しているスカイスイート767、および787-8を中長距離東南アジア線とホノルル線へ順次投入し、2014年度下期の早い時期には、中長距離東南アジア線とホノルル線のビジネスクラスはすべてフルフラットまたはシェルフラット装着機材での運航が実現し、さらなる居住性、快適性の向上に努めてまいります。

     (*11)一部仕様の異なる座席がございます。   

 

5. 関西、中部発着路線の開設について

 JALは、2012-2016年中期経営計画において、中長距離国際線(欧米・東南アジア線)に経営資源を集中し、利便性・快適性の高いネットワークを構築することにしており、2014年度は首都圏の発着枠拡大に伴うネットワークの充実を図ってまいります。

 2015年度以降は首都圏のみならず、安定した需要が見込まれる関西発着・中部発着路線の充実を図ることとし、機材導入計画などの調整により、実施時期のさらなる前倒しを検討してまいります。具体的な内容につきましては、確定次第発表します。 

 

国内線

1.開設(再開)・増便・減便

【開設(再開)】

路線

変更内容(往復)

期間

伊丹=松本

1日  0便 ⇒ 1便

201481日~831

伊丹=女満別

1日  0便 ⇒ 1便

2014719日~831

新千歳=出雲

1日  0便 ⇒ 4便/

201481日~831日  月・水・金・日運航

新千歳=徳島

1日  0便 ⇒ 3便/

201481日~831日  火・木・土運航

中部=釧路

1日  0便 ⇒ 3便/

201481日~831日  火・木・土運航

中部=帯広

1日  0便 ⇒ 4便/

201481日~831日  月・水・金・日運航

 

【増便】

路線

変更内容(往復)

変更期間

羽田=山形

1日  1便 ⇒ 2便(*)

2014330日~

羽田=関西

1日  2便 ⇒ 3便

2014330日~1025

羽田=那覇

1日 12便 ⇒ 14便

2014330日~1025

(718日~831日は13便)

羽田=中部

1日  1便 ⇒ 2便

2014330日~

羽田=岡山

1日  5便 ⇒ 6便

2014330日~1025

羽田=徳島

1日  6便 ⇒ 7便

2014330日~1025

羽田=高松

1日  6便 ⇒ 7便

2014330日~1025

羽田=北九州

1日  5便 ⇒ 6便

2014330日~1025

羽田=石垣

1日  1便 ⇒ 2便

2014718日~831

伊丹=那覇

1日  1便 ⇒ 2便

2014330日~ 

(429日~531日は3便)

伊丹=長崎

1日  3便 ⇒ 4便

2014330日~

新千歳=女満別

1日  3便 ⇒ 4便

2014330日~

福岡=出雲

1日  2便 ⇒ 3便

2014330日~

福岡=高知

1日  3便 ⇒ 4便

2014330日~

福岡=奄美

1日  1便 ⇒ 2便

2014330日~

  (*) 羽田=山形線運航ダイヤ (機材:E170/76)

  ○羽田-山形                                         ○山形-羽田

  JL1251 羽田発 0810           山形着0910               JL1252 山形発 0855    羽田着1000

  JL1257 羽田発 1725           山形着1825               JL1258 山形発 1855    羽田着2000

【減便】

路線

変更内容(往復)

変更期間

羽田=新千歳

1日 17便 ⇒ 16便

2014330日~

羽田=出雲

1日  6便 ⇒ 5便

2014330日~

成田=新千歳

1日  3便 ⇒ 1便

2014330日~

成田=福岡

1日  3便 ⇒ 1便

2014330日~

成田=中部

1日  3便 ⇒ 2便

2014330日~

伊丹=出雲

1日  6便 ⇒ 5便

2014330日~

伊丹=宮崎

1日  6便 ⇒ 5便

2014330日~

福岡=松山

1日  8便 ⇒ 6便

2014330日~

  

 

   *印刷をされる方はこちらをご利用下さい。 

   20140122_JGN13199_2014年度、路線便数計画.pdf

添付PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。詳しくは プラグインについてのご案内をご参照下さい。
ページのトップへ
Copyright © Japan Airlines. All rights reserved.