JAL | JAPAN AIRLINES

HOME>プレスリリース>記事

最新リリースに戻る最新リリースに戻る
2014年01月31日
JAL、株式の分割および定款の一部変更について

13209

JAL
は本日開催の取締役会において、以下のとおり、普通株式の株式分割の実施について決議しましたので、お知らせします。
なお、本件については、20146月開催予定の第65期定時株主総会で、発行可能株式総数に関わる定款変更の特別決議による承認可決が得られることを前提としています。



1
.株式の分割および発行可能株式総数に関わる定款変更の目的

当社は、東京証券取引所市場第一部上場企業の投資単位として一般的な価格帯を参考とし、投資単位当たりの金額を引き下げることにより、個人投資家をはじめとする幅広い投資家が、当社株式により一層投資しやすい環境を整えることで、流動性の向上と投資家層のさらなる拡大を図ることを目的として、普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を行うこととしました。

また、上記株式分割に伴い、発行済株式総数が現行定款に基づく普通株式の発行可能種類株式総数である35000万株を超過することとなるため、発行可能株式総数に関わる定款変更を行うこととしました。



2
.株式の分割

  (1) 分割の方法

2014930日の最終の株主の所有普通株式1株につき、2株の割合をもって分割します。なお、当社が航空法の規定に従い、名義書換を拒否した株式(外国人持株調整株式)についても、同様に株式分割の対象とします。

  (2) 分割により増加する株式数

   ① 株式の分割前の発行済株式総数          181,352,000

   ② 株式の分割により増加する株式数       181,352,000

   ③ 株式の分割後の発行済株式総数       362,704,000

   ④ 株式の分割後の発行可能株式総数     800,000,000



3
.分割の日程

   (1) 基準日公告日    2014912日 (金)

   (2) 基準日         2014930日 (火)

   (3) 効力発生日      201410月1日 (水)



4
.定款の一部変更

 (1) 変更の内容

                                                (下線部は変更部分を示します。)

現 行 定 款

変 更 案

(発行可能株式総数)

6

当会社の発行可能株式総数は、4億株とし、各種類の株式の発行可能種類株式総数は、次のとおりとする。

 普通株式      35000万株

  1種優先株式   1250万株

2種優先株式   1250万株

3種優先株式   1250万株

4種優先株式   1250万株

(発行可能株式総数)

第6条

当会社の発行可能株式総数は、8億株とし、各種類の株式の発行可能種類株式総数は、次のとおりとする。

 普通株式      75000万株

  1種優先株式   1250万株

2種優先株式   1250万株

3種優先株式   1250万株

4種優先株式   1250万株


 (2) 変更の日程

   効力発生日    上記株式分割の効力発生日(201410月1日予定)



5.その他 

当該株式分割の実施後においても、現行の株主割引券配布基準は変更いたしません。

(例:所有株式数が100株の場合、分割実施前・分割実施後いずれも株主割引券の配布枚数は

1/年)また株式分割実施後、最初の株主割引券配布は、2015331日を基準日として、

20155月下旬を予定しています。



*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。

20140131_JGN13209_株式の分割および定款の一部変更について.pdf

添付PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。詳しくは プラグインについてのご案内をご参照下さい。
ページのトップへ
Copyright © Japan Airlines. All rights reserved.