JAL | JAPAN AIRLINES

HOME>プレスリリース>記事

最新リリースに戻る最新リリースに戻る
2014年03月26日
国際線機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」を東南アジア路線にも拡大します

(共同リリース)

2014326

日本航空株式会社

パナソニック アビオニクス コーポレーション

 

~ボーイング767-300ER型機、777-200ER型機、787型機にも新たに導入へ~ 

 

日本航空株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:植木義晴、以下「JAL」)とパナソニック アビオニクス コーポレーション(本社:米国 カリフォルニア州 CEO:ポール・マージス、以下 「パナソニック」)は、20127月よりボーイング777-300ER型機でサービスを導入している国際線機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」を、このたびボーイング767-300ER型機、777-200ER型機、787型機へ拡大することに合意しました。これにより現在、欧米長距離路線でご提供しております本サービスが東南アジアなどの路線でもご提供できることとなります。   

 

国際線「JAL SKY Wi-Fi」では、機内に設置されたパナソニックの「eXConnectサービス」を介したインターネット環境をご提供することにより、航空機の中からお客さまがお持ちの無線LAN対応端末でホームページの閲覧やメールの送受信、ソーシャル・ネットワークキング・サービス(SNS)のアップデートなどをお楽しみいただいております。   

 

本サービスの料金プランには、これまで同様、気軽に空の上のインターネット環境を体験いただける1時間プランと、時間無制限でインターネット接続が可能なフライトプランをご用意しております。またノートパソコン・タブレット・スマートフォンのいずれの端末でも、通信データ容量の制限はございませんので、安心してインターネットをご利用いただけます。   

 

なおサービス拡大は2014年度内を予定しておりますが、詳細が決まり次第改めてお知らせいたします。   

 

今後も、JALとパナソニックは、お客さまにとって価値のある、先進的な機内サービス環境を提供し、お客さまのビジネス・観光をサポートしてまいります。   

 

■国際線JAL SKY Wi-Fiサービス拡大概要■

○導入システム                           :パナソニック アビオニクス コーポレーション eXConnect

○対象機材                                  :ボーイング767-300ER型機

                                                       ボーイング777-200ER型機

                                                       ボーイング787型機

○サービス対象路線                   :欧米路線、長距離アジア路線より順次展開

○スケジュール                            2014年度末より順次

20140326_wi-fi_fig1.jpg

 

*詳細はこちらをご覧下さい。
20140326_共同リリース_JAL SKY Wi-Fi 拡大.pdf

添付PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。詳しくは プラグインについてのご案内をご参照下さい。
ページのトップへ
Copyright © Japan Airlines. All rights reserved.