PRESS RELEASES プレスリリース

  • 2014年07月14日

JAL×NRI、空港旅客業務の先進化に向け、iBeaconおよび スマートウォッチを活用した実証実験を開始

(共同リリース)                                              

日本航空株式会社

株式会社野村総合研究所

 

~ 「チャレンジ JAL」宣言 第3弾 ~

お客さまへのスピーディーな対応と、より効率的なスタッフの配置を実現


日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:植木義晴、以下「JAL」)と
株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:嶋本 正、以下「NRI」)は、 2014年7月16日(水)より約1カ月間、iBeacon※1ならびにスマートウォッチ※2を活用し、空港旅客業務の先進化に向けた実証実験を開始します。 

 

※1 iBeacon:Apple社が2013年に発表した、BLE(Bluetooth Low Energy)を用いた端末の接近検知の方式。iBeaconはApple Inc. の登録商標です。

2 スマートウォッチ:スマートフォンと連動して、情報の表示やアプリケーションの実行が可能な腕時計型端末。 

 

羽田空港第1旅客ターミナルビルにおいて、各搭乗ゲートに設置されたビーコンが発する信号を、搭乗ゲート担当のJALスタッフ(以下、「スタッフ」)が持つスマートフォンが受信することにより、スタッフの所在・配置状況をコントローラーデスクの担当者が遠隔地からリアルタイムに把握することができるようになります。 これにより、お客さまへのスピーディーな対応と、より効率的なスタッフの配置が実現します。また、スタッフがウェアラブルデバイス※3であるスマートウォッチを装着することで、携帯情報機器や無線機を取り出すことなく、業務に必要な情報の入手や共有を行える環境を整えます。 

 

※3 ウェアラブルデバイス:身に着けることが可能な画面ならびに音声通話やメール機能を持つ小型情報機器。

20140714_スマートウォッチ_fig1.jpg 20140714_スマートウォッチ_fig2.jpg

スマートウォッチを装着するスタッフ

 

20140714_スマートウォッチ_fig3.jpg 20140714_スマートウォッチ_fig4.jpg

株式会社NTTドコモより提供される「GALAXY Gear2 (右)」  位置情報を見てコントロールするデスク担当者

(左は「GALAXY Gear Fit」 サムスン製)  

 

今回の実証実験において、NRIは、iBeaconを活用したスタッフの位置情報の検出や所在位置の表示と、配置指示などのメッセージをスマートウォッチに配信するシステムの開発を担当します。

 

20140714_スマートウォッチ_fig5.jpg 20140714_スマートウォッチ_fig6.jpg

搭乗ゲートのスタッフの配置状況を確認するための画面  ゲートに設置されるiBeacon

実証実験は、「GALAXY S5」 ならびに 「GALAXY Gear2」に加えて、Android Wear4を搭載した「LG G Watch5など、最新のスマートウォッチにつきましても対象としており、お客さまの利便性向上に寄与するさまざまな活用シーンを含めた検討を予定しています。

 

20140714_スマートウォッチ_fig7.jpg

LG G Watch

JALはお客さまに常に新鮮な感動を得られるような最高のサービスをご提供するため、「チャレンジJAL」宣言のもと、グループ一丸となり今後も新しいことに積極的に取り組んでまいります

NRIは企業と共同で新たな価値・サービスの創出を目指す「NRI未来ガレージ」の一環として参画しています。NRI未来ガレージは今後も新たな挑戦を続けてまいります。

 

20140714_スマートウォッチ_fig8.jpg

 

※4 Android Wear™ : Google Inc. が提供するウェアラブルデバイス向けのAndoroid OSの拡張。Android Wear は、Google Inc. の商標です。

5 LG G WatchLG Electronics Inc.2014626日より販売を開始した、スマートウォッチ。LG G Watch powered by Android Wear  

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
20140714_共同リリース_ JAL iBeacon・スマートウォッチ.pdf

SHARE
TITLE

この著作物(以下「本著作物」といいます)をご利用者がダウンロードのうえ利用するには、本著作物の利用方法等を規定する日本航空株式会社(以下「JAL」といいます)の「著作物利用規約」(以下「本規約」といいます)を理解し同意いただく必要があります。本規約に同意いただいた方、またはJALの事前の書面による許諾を受けた方に限り、本著作物の利用許諾を受けたこととし、その他の場合には本著作物を利用することはできません。

著作物利用規約

本著作物の著作権はJALが保有するものとします。

ご利用者は、報道または解説を目的とする場合に限り、非独占的に、本著作物を利用、複製、上演、演奏、上映、展示、口述、公衆送信することができます。

ご利用者は、本著作物につき、製品またはテクノロジーの宣伝(広告、パンフレット、雑誌・書籍の表紙、ストックフォト、販促品における利用を含みますがこれらに限られません)その他いかなる商業目的における利用はできないものとし、JALの事前の書面による許諾なく、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案することはできず、本規約により許諾を受けた権利の全部または一部を第三者に再許諾することはできません。また、いかなる理由においても、本著作物の全部または一部を不鮮明化等するなどの改変を行うことはできません。

ご利用者が本規約に違反した場合、ご利用者が本規約に基づくJALの要請に応じない場合その他JALが必要と認めた場合には、JALはご利用者に対し、本著作物の利用を直ちに中止し、本著作物および全ての複製物の返還または破棄を請求することができ、ご利用者はかかる請求に直ちに応じるものとします。

JALは事前に何ら予告することなく、本著作物の提供を中止し、もしくは本著作物の内容または提供方法を任意に変更することができます。

JALは、ご利用者が本著作物を利用したことに関連してご利用者が被った損害、データ破損、機器の不具合、機会損失その他一切の不都合から免責されるものとします。

本規約に定めのない事項については、本ウェブサイトの「サイト利用規約」の定めが本規約と一体をなすものとして適用されるものとします。