JAL | JAPAN AIRLINES

HOME>プレスリリース>記事

最新リリースに戻る最新リリースに戻る
2014年08月28日
エンブラエル170の追加導入、ならびにエンブラエル190の新規導入を決定

第14115号

20140828_ERJ_fig1.jpg

 

JALグループは、株式会社ジェイエアで運航中のリージョナルジェット機であるエンブラエル社(ブラジル)EMBRAER 170(以下「エンブラエル170」)の追加導入、ならびに「EMBRAER 190(以下「エンブラエル190」)」の新規導入を決定し、両機種合計で確定15機、オプション12機を2015年から導入する購入契約を締結する事を決定いたしました。

 

エンブラエル機は、ダブルバブル構造により客室空間が同サイズの航空機と比較して広く、お客さまに大変ご好評いただいているほか、高い信頼性を誇るGeneral Electric(GE)社製CF34エンジンを搭載し、環境面でも高い運航性能により、低騒音、低コスト運航を実現しています。

 

JALグループはエンブラエル機を活用し、各路線の需要規模に応じた機材サイズの適正化を促進し、さらなる定時性、安全性の向上を実現することで、より効率的な地方ネットワーク路線運営の展開を図り、お客さまの利便性向上に努めてまいります。

 

以上

 

【各機種諸元】

エンブラエル170

エンブラエル190

全長

29.9m

36.2m

全幅

26.0m

28.7m

全高

9.9m

10.6m

装備エンジン

GE社製 CF34-8E

GE社製 CF34-10E

巡航速度(マッハ数)

0.82

0.82

座席数(標準仕様)

78

104

航続距離メーカー参考値)

3,889km

4,445km



 

 

 

 

 

 

 

*印刷される方はこちらをご利用下さい。
20140828_JGN14115_エンブラエル170 の追加導入、ならびにエンブラエル190 の新規導入を決定.pdf

添付PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。詳しくは プラグインについてのご案内をご参照下さい。
ページのトップへ
Copyright © Japan Airlines. All rights reserved.