PRESS RELEASES プレスリリース

  • 2015年06月15日

日本エアコミューター、ATR42-600型機の導入を決定

(共同リリース)

2015615

日本エアコミューター株式会社

Avions De Transport Regional G.I.E

 

JALグループの日本エアコミューター株式会社(以下「JAC」)は、JALグループネットワークの生活・離島路線用の更新機材として、Avions De Transport Regional G.I.E(本社:フランス トゥールーズ、以下「ATR)ATR42-600型機の導入を決定し、確定8機、およびオプション1機の購入契約を締結しました。今後、2017年の運航開始に向けて導入準備を進めてまいります。

 

ATR.jpg

 

JAC代表取締役社長安嶋 新のコメント】

「最新鋭のターボプロップ機であるATR42-600型機のもつ快適性、経済性および信頼性と、JACがこれまで30年余に渡って築きあげた安全運航体制の融合によって、種子島や屋久島、奄美群島など、鹿児島の離島をはじめとした西日本の各地をきめ細かく結び、JALグループの利便性の高いシームレスな航空ネットワークサービスを提供します。」

 

ATR社長兼最高経営責任者(CEO) パトリック・ド・カステルバジャックのコメント】

「厳しい機材選定の過程を経て、私どものATR42-600型機がJACに選ばれたことを光栄に思っています。ターボプロップ機を含む多くのリージョナル機を運航する日本という市場で、JACとより強固なパートナシップを築き上げることにより、ATRが日本の地方航空路線をはじめ全国に展開していくことを確信しています。」

 

ATR42-600型機の概要】

ATRが製造する最新鋭ターボプロップ機です。コックピットはエアバスA380の技術を取り入れたグラスコックピットに最新の航法機器を装備し、客室内は同クラスのターボプロップ機と比べて手荷物収納スペースが大きく、LED照明とARMONIAデザイン(※)によって明るく快適な空間となっています。

(※)ARMONIAデザイン:イタリア語で「ハーモニー(調和)」を意味し、イタリアのデザイナー「ジウジアーロ」が設計した客室デザイン。ゆとりある作りが特徴であり、シカゴ・アテネウムのグッドデザイン賞を受賞している。

 

※会社概要

【日本エアコミューター株式会社(JAC)】

JAL 60%、鹿児島県の奄美群島12市町村40%の出資により1983年に設立。鹿児島空港に本社を置き、JALグループ国内ネットワークの一翼として、奄美群島を中心とした西日本各地を結ぶ路線を運航している。現在は21機体制で、27路線1141便を運航し、年間約180万人のお客さまにご利用いただいている。

  

Avions De Transport Regional G.I.EATR)】

フランスのエアバス・グループとイタリアのAlenia Aermacchiの共同事業体として1981年に設立されたリージョナル航空機メーカー。生産開始以降、1,500機以上を受注しており、90席以下のリージョナル航空機市場を牽引している。現在は90か国以上の190を超える航空会社にて運航されている。

 

【参考】ATR42-600型機諸元(SAAB340型機 対比)

 

 

ATR42-600

SAAB340

全長

22.7m

19.8m

全幅

24.6m

21.4m

全高

7.6m

7.0m

装備エンジン

PW社製 PW127M

GE社製 CT7-9B

巡航速度(km/h

556

524

座席数(標準仕様)

48

36



 

 

 

 

 

 

 

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
20150615_共同リリース_日本エアコミューター、ATR42-600型機の導入を決定.pdf

SHARE
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。