PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2015年10月22日

JAL×月面探査を目指す「ハクト」 コーポレートパートナー契約締結

(共同リリース)

20151022

日本航空株式会社

株式会社ispace

~月面探査機「ローバー」の保守に、JALが培った整備技術などを応用~



日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:植木 義晴、以下「JAL」)と、国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」(以下「GLXP*注)に挑戦する株式会社ispace(本社:東京都港区、代表取締役社長:袴田 武志)が運営する日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO(以下「ハクト」)は、コーポレートパートナー契約を締結しました。本契約は、JAL20146月に発表した「チャレンジJAL宣言」の理念のもと、今回のハクトのチャレンジに賛同し、ハクトが開発している月面探査機「ローバー」と、JALが運航するボーイング787型機が同様に炭素繊維を採用していることが契機となり実現しました。今後ハクトは、JALで培われてきた整備技術やトラブルシューティングの手法を、月面探査機「ローバー」の運用・保守に応用するなど、技術的な連携を視野に入れ、お互いに協働することで、世界初の民間による月面探査を目指します。

787_1025.jpg  002475_rover_1022.jpg

(注)Google Lunar XPRIZEについて                     http://lunar.xprize.org

Googleがスポンサーとなり、XPRIZE財団によって運営される、民間組織による月面無人探査を競う総額3,000万ドルの国際賞金レースです。ミッションは、月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。1位のチームには賞金2,000万ドル、2位のチームには賞金500万ドルが与えられます。現在、世界各国から18チームが参加しています。


ハクトは、月面に民間開発の無人探査機を着陸させ500m以上走行し、高解像度の動画や静止画データを地球に送信する「GLXPミッション」の達成に向けて月面探査機「ローバー」を開発中で、「ローバー」の小型・軽量化のためにさまざまな新素材を積極的に取り入れています。カーボン素材(炭素繊維強化プラスチック)もそのひとつで、炭素繊維は比重が鉄の4分の1であるにも関わらず、強度は10倍にもなり、アルミニウムと比較しても大幅に軽量化できます。同様の炭素繊維が、ボーイング787型機でも採用されており、強度を高めながら機体重量を軽量化したことなどにより、従来の同クラス機体と比較して燃費を約20%改善しています。

オールジャパンの力を結集した月面探査ローバーで、世界初の民間による月面探査を目指すハクトとJALは今後も協働することで、新しい未来を創るチャレンジを行ってまいります。


◆ハクトについて                                 http://team-hakuto.jp/

ハクトは、株式会社ispaceが運営する、日本で唯一GLXPに参加するチームです。ベンチャー、大学、そしてプロボノと、様々なバックグラウンドをもった人材が集まり、それぞれの特技を生かし合って月面探査ローバーの開発を行っています。20151月にGLXP中間賞の「モビリティサブシステム」部門を受賞。



002475_challenge_1022.jpg  002475_Hokuto_members_1022.jpg



*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。

   20151022_共同リリース_JAL×HAKUTO

PDF

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。