JAL | JAPAN AIRLINES

HOME>プレスリリース>記事

最新リリースに戻る最新リリースに戻る
2015年10月22日
IoTを活用した位置管理ソリューションの実証実験を羽田空港で開始

15137  

 

Beaconによる位置情報の活用により、空港でのスピーディーなサービスの提供を目指します~  

 

JALは、20151022日より約1カ月間、位置管理ソリューションを活用し、空港でお貸ししているベビーカーや車いす、および空港スタッフの所在を遠隔地からリアルタイムに把握する実証実験を開始します。

今回の取り組みを通じ、空港においてお客さまによりスピーディーなサービスを提供できる環境整備を目指します。 

 

JALでは昨年7月に空港スタッフの所在を把握する実証実験(*)を羽田空港の一部の搭乗口で実施しました。今回は、前回の成果を踏まえ、空港内のさまざまな物品の所在を管理する仕組みとして、Jibe Mobile株式会社(代表取締役社長:櫻井 将彦氏/以下、「Jibe Mobile」)が開発した位置管理ソリューション「Blu-trail」を活用し、羽田空港国内線第1旅客ターミナルビルの出発ロビーおよび到着ロビーにおいて実証実験を実施します。

 

(*)2014714日リリース「JAL×NRI、空港旅客業務の先進化に向け、iBeaconおよびスマートウォッチを活用した実証実験を開始」参照。URLhttp://press.jal.co.jp/ja/release/201407/003001.html

 

具体的には、羽田空港内にあるベビーカーや車いすなどに装着した約200個のBeaconをもとに、その所在を空港スタッフがスマートフォンやタブレット、PC上の管理画面にてリアルタイムで把握します。

 

 

これによりお客さまのご要望へのスピーディーな対応が実現するとともに、混雑状況を考慮した効率的な貸出品の配置を検討することが可能になります。

 

また、同様の仕組みを空港スタッフにも適用し、スタッフへの迅速な連絡体制を実現します。

20151022_Iot_fig1.JPG

Beaconを装着したベビーカー

 

20151022_Iot_fig2.JPG

Beaconを装着した無線通信機

 

20151022_Iot_fig3.JPG

所在を確認する空港スタッフ

 

今後は、本実証実験による効果検証を踏まえ、他空港への導入も視野に、位置管理ソリューションの導入の検討を行っていきます。また、空港以外の作業現場におけるニーズも探索していきます。

 

JALは今後もお客さまに常に新鮮な感動を得られるような最高のサービスをご提供するため、「チャレンジJAL」宣言のもと、グループ一丸となり今後も新しいことに積極的に取り組んでまいります

 

【位置管理ソリューション概要】

20151022_Iot_fig4.jpg

位置管理ソリューションBlu-trail管理画面

20151022_Iot_fig5.jpg

システム全体構成概要

 

IoT

Internet of Things (モノのインターネット)とは、コンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在するさまざまなモノに通信機能を持たせ、

ネットワークに接続し相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う概念や技術。 

 

 

Beacon

Bluetoothなどの低電力な電波を使用し、位置情報、その他多彩なデータを近くの受信端末向けに発信・通知する装置。 

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。

20151022_JGN15137_IoTを活用した位置管理ソリューションの実証実験を羽田空港で開始_r.pdf



添付PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。詳しくは プラグインについてのご案内をご参照下さい。
ページのトップへ
Copyright © Japan Airlines. All rights reserved.