JAL | JAPAN AIRLINES

HOME>プレスリリース>記事

最新リリースに戻る最新リリースに戻る
2015年12月15日
JAL客室乗務職の雇用形態の変更について

15177   

 

JALは、20164月に客室乗務職における契約社員制度を廃止し、在籍する契約社員を正社員として雇用します。また、20164月以降に入社する客室乗務職については正社員として雇用します。

客室乗務職の契約社員制度は1994年に導入以来、人財育成においても大きな役割を担ってきましたが、昨今の雇用環境をとりまく変化や女性活躍を推進する社会情勢の変化を踏まえ、今般契約社員制度を廃止し、正社員として雇用することとします。  

 

JALは、多様な人財の活躍の推進を経営戦略の一つとして位置づけ、女性をはじめとするさまざまな人財が力を発揮し活躍できるよう、人財育成や支援体制を強化しております。今後多様な人財の活躍をより一層力強く進め、全社一丸となって、「顧客満足No.1」を達成し、「世界で一番お客さまに選ばれ、愛される航空会社」を目指してまいります。  

 

なお、JALグループ航空各社においても、客室乗務職の雇用形態の変更について検討を進めております。

20151215_CA_fig1.jpg 20151215_CA_fig2.jpg

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
20151215_JGN15177_JAL客室乗務職の雇用形態の変更について__.pdf

添付PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。詳しくは プラグインについてのご案内をご参照下さい。
ページのトップへ
Copyright © Japan Airlines. All rights reserved.