JAL | JAPAN AIRLINES

HOME>プレスリリース>記事

最新リリースに戻る最新リリースに戻る
2016年01月06日
JAL、離島含む沖縄地区に「空港総合ハンドリング会社」を設立

 

第15189号

~ 空港系子会社3社を経営統合し、空港総合力を強化します~

 

JALは、離島含む沖縄地区における空港総合力(サービス・人財・機動性)を高めることを目的として、20167月に空港地上支援業務(※)を担う3つの子会社を経営統合し、すべての空港地上支援業務を担う「空港総合ハンドリング会社」を設立します。JALが国内基幹空港で「空港総合ハンドリング会社」を設立するのは初めてとなります。

(※)旅客サービス、航空機誘導・搭載などのグランドハンドリング、機内清掃、貨物郵便、運航支援などの業務

 

         20160106_OK.jpg     20160106_OK2.jpg

 

JALは、これまでも離島と那覇空港を結ぶ生活路線の維持安定に尽力するとともに、沖縄県への観光需要の喚起に取り組んでまいりました。また近年では、那覇空港における外国航空会社の乗り入れが急増し、今後もさらなる拡大が見込まれております。

 

このようななか、那覇空港にてグランドハンドリング業務を担う沖縄エアポートサービス株式会社と旅客サービス業務を担う株式会社JALスカイ那覇、さらにはJALグループが運航する離島5空港(南大東、久米島、宮古、石垣、与那国)にて空港地上支援業務のすべてを担うJTAサザンスカイサービス株式会社の3(詳細は別紙参照)を経営統合し、「空港総合ハンドリング会社」を設立することにしました。なお、社名、運営体制など、具体的な内容につきましては今後検討してまいります。

 

今般の経営統合、新会社設立を通じて、離島と那覇空港間における連携強化と沖縄地区全体での一体感の醸成を図り、これまで以上に高品質なサービスを提供するとともに、外国航空会社からの地上支援業務の要請に機動的に対応できる空港運営体制を構築してまいります。また、これらの空港サービスを担う優れた人財を安定的に確保し、人財育成や活躍の機会を拡充していくことで、JALとして離島を含む沖縄地区の空港総合力を強化してまいります。

 

JALは、今後も地方創生ならびに地元経済の活性化に向けて、さまざまな施策に積極的にチャレンジしてまいります。 

 

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。

20160106_JGN15189_沖縄グラハン3社統合.pdf



添付PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。詳しくは プラグインについてのご案内をご参照下さい。
ページのトップへ
Copyright © Japan Airlines. All rights reserved.