JAL | JAPAN AIRLINES

HOME>プレスリリース>記事

最新リリースに戻る最新リリースに戻る
2016年01月07日
JAL、2015年の定時到着率で世界1位に

15191 

 

~対象となるすべての部門で1位となり、三冠を獲得~ 

 

JALは、航空会社の定時到着率など、さまざまな分析をおこなっている米国のFlightStats社より、20151月~12月の国内線・国際線を合わせた運航実績について、主要航空会社部門(Major International Airlines)で世界1位に認定されました。そのほか、アジア・パシフィック主要航空会社部門(Asia-Pacific Major Airlines)でも1位に認定されたほか、アライアンス部門(Airline Alliances)でもJALが所属するワンワールドが1位に認定され、JALが対象となる3部門すべてにおいて1位となりました。
過去、三冠を獲得した航空会社は世界でJALだけであり、今回は2010(1)2012年、2013年に続いて4度目の三冠獲得となりました。

(1)2010年はアライアンス部門が設定されておらず、アジア・リージョナル航空会社部門(現在は設定なし)で受賞。

 

20160107_定時.jpg

http://flightstats.com/company/media/on-time-performance-awards/

■主要航空会社部門(Major International Airlines)

   一定規模の路線・便数を有する全世界の航空会社が対象。

JALの国内線・国際線定時到着率が「89.44%」となったことが、主要航空会社部門で1位と評価されました。

JALグループは2009年、2010年、2012年、2013年に続き、今回で5回目の受賞となります 

 

■アジア・パシフィック主要航空会社部門(Asia-Pacific Major Airlines)

   アジア太平洋地域(アメリカ合衆国は除く)を拠点とする航空会社が対象。

JALの国内線・国際線の定時到着率が「89.44%」となったことが、アジア・パシフィックエリアで1位と評価されました。

JALグループは2009(2)2010年、2012年、2013年、2014年に続き、今回で4年連続、6回目の受賞となります。

(2)2009年のみリージョナル航空会社も含めた評価となっており、その際はJALエクスプレス(2014年にJALと統合)1位を受賞しています。 

 

■アライアンス部門(Airlines Alliances)

航空会社が所属するアライアンスが対象。

ワンワールドアライアンス(JAL所属)がアライアンス部門で1位と評価されました。

アライアンス部門が設けられた2012年と2014年に続いて、今回で3回目の受賞となります。

 

お客さまの定時出発へのご理解・ご協力と、JALグループ全社員の定時運航への取り組みが今回の三冠獲得につながりました。 

 JALグループは、これからも安全運航の堅持を前提に、さらなる定時性向上にチャレンジし、日本の交通機関が誇る高い定時性品質を世界に向けて発信し続けてまいります。 

 

*詳細はこちらをご覧下さい。
20160107_JGN15191_JAL、2015年の定時到着率で世界1位に__.pdf

添付PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。詳しくは プラグインについてのご案内をご参照下さい。
ページのトップへ
Copyright © Japan Airlines. All rights reserved.