JAL | JAPAN AIRLINES

HOME>プレスリリース>記事

最新リリースに戻る最新リリースに戻る
2016年01月21日
JAL、2年連続で「健康経営銘柄」に選定、日本航空健康保険組合も文部科学大臣賞を受賞

15201

~社員の健康を支援することで、お客さまへの「最高のサービスの提供」につなげます~ 

 

JALは昨年に引き続き、「健康経営銘柄2016」に選定されました。また、JALグループ一体となった健康経営の取り組みについて、日本航空健康保険組合も「平成27年度体力つくり優秀組織」として、文部科学大臣賞を受賞しました。*1

「健康経営銘柄」は経済産業省が東京証券取引所と共同で、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業を選定するものです。上場企業の中から業種ごとに「健康経営」*2に優れた企業を選定し、長期的な視点で企業価値の向上を重視する投資家にとって魅力ある企業として紹介することを通じて、企業による「健康経営」の取り組みを促進することを目指しています。 

 

*1)「体力つくり優秀組織」表彰とは、地域や職場における保健・栄養の改善およびスポーツ・レクリエーションの普及運動(体力つくり運動)を推進し、顕著な成果を上げている組織を文部科学大臣、体力つくり国民会議議長が表彰することにより、体力つくり運動の普及および充実を図ることを目的とするものです。

http://www.mext.go.jp/sports/b_menu/houdou/27/12/attach/1365365.htm

*2)「健康経営」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

20160121_健康経営_fig0.jpg

20160121_健康経営_fig1.JPG

(乗務前のストレッチ風景) 

 

20160121_健康経営_fig2.jpg

(ストレッチ動画の確認)

 

 社員の健康を支援することによって、JALグループの企業理念である「全社員の物心両面の幸福」および「最高のサービスの提供」につながるよう、社員の健康増進施策をさらに推進してまいります。

<「健康経営」の位置づけ>

   JALグループでは、企業理念である「全社員の物心両面の幸福」の追求には「心身の健康」が不可欠であるとの認識のもと、中期経営計画と連動した健康推進施策「JAL Wellness 2016*3を設定し、社員・会社・健康保険組合が一体となって「健康づくり」に取り組んでいく旨を宣言しています。

 

   JAL Wellness 2016」は、生活習慣病・がん・メンタルヘルスを3本の柱とし、医療費分析にもとづき適切な保健事業を展開する「データヘルス計画」*4もその一環と位置づけ、健康保険組合と密接に連携を図りながら進めています。

*3)「JAL Wellness 2016」参考URLhttp://www.nikkokenpo.jp/wellness2016/

*4)「データヘルス計画」とは、すべての健康保険組合が、健診結果や診療報酬明細書などのデータをもとに健康保持増進のための事業計画を作成し、実施と評価などの取り組みを事業者と協働で進めていくものです。JALグループの「データヘルス計画」は、他の健康保険組合に先んじて、厚生労働省からモデル事例の一つとして紹介されました。 

 

<健康に関する具体的な取り組み例>

   経営トップから「社員と家族の健康は会社の財産。社員の元気で世界一のエアラインを目指そう」とのメッセージのもと、社員の健康意識を高める参加型の「JAL Wellness 2016 My Book」を全社員に配布しています。

   全国の事業所にて選任された「ウエルネスリーダー」が、健康への意識改革や行動の変化を促すため、ウォーキング大会や運動会、体組成計の全国巡回、「階段のすゝめ」、「昼寝のすゝめ」、各種健康セミナーなど、自ら渦の中心になって各地のニーズに即した「ウエルネス活動」を企画、展開しています。また、現在推進中の「ワークスタイル変革」の中でも日中の業務効率向上に有効な健康上の施策を取り入れ、社員への啓発活動を展開中です。

   時差や低い気圧・湿度など機内の特殊な環境の中で「最高のサービス」の提供を担う乗務員のために、専属トレーナーによる乗務前後のストレッチ指導や、内科と精神科の常勤産業医による日々の面談、保健師・臨床心理士によるフォローアップなども充実させています。

   生活習慣病ハイリスク者への医療受診勧奨、婦人科検診、臨床心理士によるメンタルセミナーなども積極的に推進しています。

   禁煙推進の取り組みとして、本社事業所の全喫煙室を閉鎖しました。

   施策内容は、事業主・健康保険組合で構成される「施策検討会議」や「評価会議」にて議論され、次年度の活動に反映されます。 

 

<活動の成果>

このような取り組みもあり、JAL本体の有所見率は29.0%に、喫煙率は15.4%に減少しており、またJALグループ社員および家族の1人当たり医療費は、国民1人当たり医療費(60歳未満)に比べて各年齢層で平均2割程度低く推移しています。

 

20160121_健康経営_fig3.jpg

 

 「JAL Wellness 2016 My Book」(表紙)

 

 

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。

20160121_JGN15201_JAL 2年連続で「健康経営銘柄」に選定.pdf

添付PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。詳しくは プラグインについてのご案内をご参照下さい。
ページのトップへ
Copyright © Japan Airlines. All rights reserved.