PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2016年08月02日

“音”のバリアフリーを目指して、「ミライスピーカー」を導入

第16112号

~すべてのお客さまに、「聞こえやすい」という喜びを~

JALは、羽田空港国内線ターミナルにおいて、すべてのお客さまにとって聞こえやすい音を出すことができる、株式会社サウンドファン(本社:東京都台東区、代表取締役:佐藤和則氏)の「ミライスピーカー」を導入します。2016年4月1日に施行された「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」への取り組みとしてだけでなく、すべてのお客さまにとって利用しやすい、快適な空港サービスを目指します。

「ミライスピーカー」は大きい音を出さなくても遠くまで響き渡り、言葉や音楽をはっきりと届けることができる特徴を持つスピーカーです。耳のご不自由な方のほか、多くの方が「音がよく聞こえるようになった」と実感されたとの実験結果が得られています。これらの特徴を生かし、お客さまへ音(アナウンス)のご案内が多い、チェックインカウンター、保安検査場、搭乗口、空席待ちカウンターにおいて、この「ミライスピーカー」を導入します。

JALはすべてのお客さまにとって安心・快適にお過ごしいただける空港サービスを実現するため、引き続き新しい取り組みにチャレンジしてまいります。
20160802_みらい_CH.jpg

■「ミライスピーカーR」導入概要
  ・導入開始日: 2016年8月10日(水)

  ・設置個所: 羽田空港 国内線 第1ターミナル 
                           チェックインカウンター(南ウイング手荷物預け)、保安検査場B
                           9番搭乗口、空席待ちカウンター(9番搭乗口隣) 

   ・設置台数: 合計6台  (設置空港、設置場所、設置台数は今後拡大予定。)
20160802_みらい_fig0.jpg
20160802_みらい_fig1.jpg
(ミライスピーカー参考写真)


「ミライスピーカーR」の詳細については株式会社サウンドファンのURLをご覧ください。
http://soundfun.co.jp/

20160802_みらい_fig2.jpg

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
20160802_JGN16112_ミライスピーカーを導入r.pdf

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。