PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2016年08月05日

JAL X 徳島県 包括連携協定を締結

20160805_TKS_fig0.jpg

第16114号

JALは、地域の活性化に貢献することを目的として、徳島県と包括連携協定を締結します。

JALが西日本地区で包括連携協定を締結するのは、今回が初めてとなります。これまでも「JAL 新・ JAPAN PROJECT」などを通して、徳島県の「観光」や「食」の振興に努めてまいりましたが、今後は「徳島ブランド」や「あわ文化」のPRをはじめ、災害時の支援など、幅広い分野で徳島県と連携し、さまざまな取り組みを実施してまいります。

 

協定締結による取り組みの第1弾として、この協定締結を機に「あわ文化」を代表する伝統産業「阿波藍」の魅力を、羽田空港で阿波藍染めのファッションショーを開催するなど、国内外に発信してまいります。

20160805_TKS_fig1.jpg

 「阿波藍染め」イメージ

 

【包括連携協定の概要】

 JALは、徳島県との相互の連携と協力により、双方が

合意した事項に関し協働で取り組んでまいります。

(1)徳島県の「観光」「食」の振興に関する事項         

(2)「あわ文化」「スポーツ」の振興に関する事項

(3)「交流人口」の拡大に関する事項

(4)「災害時の支援」に関する事項                     

(5)その他、相互の協議により必要と認められる事項

 

【協定締結による取り組み】

◆「あわ文化」を代表する伝統産業「阿波藍=ジャパンブルー」の魅力発信

・阿波藍染めのファッションショーを羽田空港にて開催

    ◆「交流人口の拡大」

・「絆はぐくみプロジェクト」のもとで乗継割引運賃の拡大・拡充を実施予定

・各地域のまだ知られていない観光資源などのPRによる低需要期の新規需要創出

 

※「絆はぐくみプロジェクト」とは、北海道と徳島、JALが連携し、交流人口の拡大に向けて乗継割引運賃の設定や、

札幌(新千歳)=徳島線の運航(夏期季節便 20148月~)などを行い、広域間・双方向流動の活性化を図るための取り組みです。

20160805_TKS_fig2.jpg

    ◆「災害時の支援」

      ・災害時緊急支援物資輸送訓練の実施に向けた調整 

以上

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。

20160805_JGN16114_JALX徳島県包括連携協定締結.pdf

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。