PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2016年08月18日

JALホノルル線に『資生堂パーラー for Resort』が登場

~創業114年 銀座の名店の洋食を機内でご提供~

PARLAR_fig01.jpg

PARLAR_fig02_.jpg








(
共同リリース)

日本航空株式会社

株式会社資生堂パーラー

2016818

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:植木義晴、以下「JAL)と、株式会社資生堂パーラー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木 真、以下「資生堂パーラー」)は、JALホノルル線(成田・中部・関西発便)のプレミアムエコノミークラス・エコノミークラス機内食にて『資生堂パーラー for Resort』を採用することで合意しました。201691日より、対象路線にて資生堂パーラー監修による特別メニューを提供します。

資生堂パーラーは1902年、日本初のソーダ水とアイスクリームの製造販売を行う「ソーダファウンテン」として誕生。1928年に本格的な西洋料理店を開業し、長年に亘り幅広い世代に愛され続けています。     

PARLAR_fig03.jpg 
9月からの秋メニュー)

9月から提供する『資生堂パーラー for Resort』秋メニューでは、資生堂パーラーらしい"ご飯に合う洋食"の代表メニュー「ビーフシチュー」を、サイドディッシュには「ベーコンキッシュ」と定番の「ポテトサラダ」を提供します。さらに資生堂パーラーの看板商品「チーズケーキ」を、『資生堂パーラー for Resort』オリジナルの「パイナップル」フレーバーで仕上げ、デザートとしてご用意しました。
 美味しさはもちろんのこと、見た目の美しさにもこだわった機内食です。

西洋の文化を取り入れた日本ならではの「洋食」を生業とする資生堂パーラーと、「日本の食」を世界に向けて発信するJALが、「伝統」・「革新」・「日本のこころ」を大切にする点で共鳴し、タッグを組んで提供する『資生堂パーラー for Resort』。ぜひお楽しみください。

日本の「おもてなしの心」を実践するJALと資生堂パーラーは、すべてのお客さまに美味しさと感動をお届けできるよう、今後も斬新な商品開発にチャレンジしてまいります。

【サービス概要】

  提供期間   201691()2017831()

  提供路線   成田発、中部発、関西発 ホノルル行き

   羽田発は朝食メニューを提供のため、対象外となります。

  提供クラス:  プレミアムエコノミークラスエコノミークラス

                   1食目のお食事でご提供します。

【『資生堂パーラー for Resort』西洋モダン機内食】(秋メニューより)

PARLAR_fig04.jpg ●ビーフシチュー 資生堂パーラースタイル
  ターメリックライスを添えて
  見た目の美しさや彩りにこだわり、わくわく感を演出。
  資生堂パーラーを代表するメニューです。
  ターメリックライスと合わせてお召し上がりください。
PARLAR_fig05.jpg ●ベーコンキッシュ&ポテトサラダ
  カリッと焼いたベーコンを混ぜ込んだキッシュと
  洋食店ならではの本格的なポテトサラダを
  お楽しみいただけます。
PARLAR_fig06.jpg ●『資生堂パーラー for Resort』スペシャルフレーバー
  "パイナップル"のチーズケーキ
  資生堂パーラーの看板商品・チーズケーキをハワイらしく
  パイナップル味に仕上げました。
  JALホノルル線のために開発したオリジナルフレーバーです。

冬メニュー以降は、開業当時から続くチキンライスで仕立てた「オムライス」やオリジナルの「ポティロンサラダ」など、資生堂パーラーの伝統的なメニューをベースとした機内食を順次提供します。

PARLAR_fig07.jpg
煮込みハンバーグ
クリームソースをかけた
オープンオムライスとともに
A

PARLAR_fig08.jpg
ベーコンキッシュ&ポティロンサラダA

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。

  20160818_共同リリース_資生堂パーラー for Resort.pdf

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。