PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2016年08月22日

2016年度お盆期間ご利用実績

16132


2016
年度お盆期間(2016810日~821日)の、JALグループ便のご利用実績を取りまとめましたので、ご報告します。

 

JALグループ利用実績】

1.国内線 (JALJ-AIRJTARACJACHAC各社合計)

提供座席数

総旅客数

搭乗率

前年比

前年比

前年差

1,644,915

98.7%

1,406,496

105.2%

85.5

+5.3pt


2.国際線 (JAL)

提供座席数

総旅客数

搭乗率

前年比

前年比

前年差

359,149

100.1%

331,078

102.0%

92.2%

+1.7pt

詳細につきましては、添付別紙「JALグループ各社ご利用実績」をご覧ください。


実績概況

1. 国内線

新たな祝日の設定や割引運賃の設定便拡大により、帰省需要および観光需要が旺盛となり、

全方面で旅客数、搭乗率ともに前年を上回りました。

方面別では中国・四国方面の旅客数が前年を大きく上回りました。

2. 国際線

全体の搭乗率は、昨年を上回る大変好調な結果となりました。

方面別では、特に米州線は旅客数、搭乗率とも前年を上回りました。

搭乗率で言えばグアム・ハワイ線が特に好調でした。

その他中国・韓国・台湾線も昨年の搭乗率を上回りました。


(別紙)
 
JGN16132_20160822_お盆期間実績理リリース添付資料.pdf

*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。

 JGN16132_20160822_お盆期間実績プレスリリース.pdf


SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。