PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2016年11月01日

MAMORIOのIoTデバイスを活用してJAL整備用器材の位置管理について実証実験開始

  • 20161101_MAMORIO_fig0.jpg

     

日本航空株式会社                                                     MAMORIO株式会社

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:植木 義晴、以下「JAL」)とMAMORIO株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:増木 大己、以下「MAMORIO社」)は、共同で実証実験を行うことに合意しました。

JALでは、スタートアップ企業との協業を通じて先進技術の導入や新たな価値創出に取り組んでいます。今回は、JALグループの航空機整備会社である「JALエンジニアリング」が中心となり、世界最小クラスの紛失防止IoT製品「MAMORIO(マモリオ)」を利用したプラットフォームを展開するMAMORIO社と共同で、JALの航空機整備に用いる器材(作業台など)の管理に先進的なIoT技術の導入を検討するため、実証実験を行います。

今回の実験に用いる作業台は、整備場や駐機場のさまざまな場所に移動させて航空機整備に使用する可動式の器材です。従来はトランシーバーなどで整備士が位置情報を確認していましたが、台数が多く(約200台)、メインテナンスセンターで一括集中管理することが難しいという課題があり、先進的な技術でこれを解決できないか模索していました。

MAMORIO社は、「なくすを、なくす。みんなでさがす。」をスローガンに、従来は個人の所有物を対象とした紛失防止製品を開発・販売していましたが、同様の技術を企業の資産管理にも活用できるのではないかと考え、BtoBビジネスへの参入に向け、実証実験の機会を必要としていました。
そのようななかで両社のニーズがマッチし、今回の取り組みが実現しました。PC上でその時点の作業台の位置を瞬時に確認できるようにすることで、器材管理の効率化が図れるのではないかと考え、今回は作業台140台にMAMORIOを取り付けて資産管理効率化の実験を行います。

JALとMAMORIOはこれからもさまざま新しい取り組みにチャレンジしてまいります。

  • 20161101_MAMORIO_fig2.jpg

     

【実証実験概要】
場所: 羽田空港 JAL整備場・駐機場
期間: 2016年11月~2017年3月
実験概要: 位置情報を把握すべき整備器材にMAMORIOを設置。MAMORIOの発する電波を受信可能なスマートフォン端末を整備士が携帯し、MAMORIOの位置情報をMAMORIO社の所有するサーバーに自動送信するシステムを構築。
本サーバーに集約された位置情報は、MAMORIO社がJAL専用に新規開発したPC用管理画面から確認可能であり、JALメインテナンスセンターにて集中管理を行う。

【MAMORIO株式会社について】
会社名  MAMORIO株式会社
代表者  代表取締役 増木 大己
設 立   2012年7月
本社所在地  〒101-0021 東京都千代田区外神田3-3-5 ヨシヰビル5F
事業内容  ポータルサイト「落し物ドットコム」の運営、落し物追跡タグ「MAMORIO」の開発

 コーポレートサイトURL  http://company.mamorio.jp/

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。