PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2017年01月19日
  • 第16249号

JALグループ、2017年度 路線便数計画を決定

~羽田=ニューヨーク線を開設、国内線は「クラスJ」装着機材の運航路線を拡大~

 

JALグループは、2017年度の路線便数計画を決定しました。

国際線は、羽田空港昼間時間帯の国際線発着枠を活用し、4月1日より羽田=ニューヨーク線を開設します。これにより、国内各地から北米への乗り継ぎ利便性が向上します。また、引き続き成長が見込まれる北米=アジア間の需要の取り込みを強化するため、成田=ニューヨーク線の成田午後発着便を現在のボーイング787-8型機(SS8)からボーイング777-300ER型機(SS7)へ大型化し、ファーストクラスサービスを開始します(*1)。

今年1月よりロシアのビザ発給要件が緩和されたことを受け、今後さらに日本=ロシア間の需要増加が見込まれるため、成田=モスクワ線を増便し、7~10月は毎日運航とします。当社は、この4月に東京=モスクワ線就航50周年を迎え、今後も二国間の交流促進に努めてまいります。
需要が非常に旺盛なハワイ路線については、高需要期に成田=ホノルル線を1日最大5便、関西=ホノルル線を1日最大2便に増便します。また、年末年始に実施したホノルル線のファーストクラスサービスが大変好評であったことから、夏の高需要期にも成田発着路線においてファーストクラスを設定し、お客さまのニーズにお応えします。

国内線は、対象機材全機(*2)において対応が完了した「JAL SKY NEXT」サービス(*3)による商品・サービスの品質強化を引き続き行うとともに、羽田発着路線を中心として、季節需要に適合した運航を行います。また、伊丹発着路線を中心に、「クラスJ」およびWi-Fi無料ビデオプログラムサービス(*4)を備えたエンブラエルE190型機での運航路線拡大を図り、鹿児島県内の離島路線には、4月下旬より順次、新機材ATR42-600型機を投入します。那覇発着路線では、ボーイング737-800型機の運航路線拡大により、「JAL SKY NEXT」サービスを拡充します。沖縄県内を中心とする離島路線では、ボンバルディアDHC-8-400CC型機を順次展開し、旅客、貨物双方の需要に対応します。

その他路線では、2014年度から実施している季節運航路線を、就航地域の皆さまのご協力を得ながら、2016年度と同規模にて運航します。また、プロペラ機材からリージョナルジェット機材への移管を進め、提供座席数の増加などにより観光需要の喚起を図り、地域経済の活性化を後押します。

JALグループは引き続き、お客さまの利便性、快適性の向上を目指し、さらなるネットワークの拡充、商品・サービス品質の向上にチャレンジしてまいります。

※2017年度路線便数計画とスケジュールは関係当局への申請と認可を前提としております。
(*1)「SS」は「SKY SUITE」機材。詳細については、https://www.jal.co.jp/newsky/をご参照ください。
(*2)777-300型機、777-200型機、767-300型機、737-800型機(日本トランスオーシャン航空の機材は除く)。
(*3)「JAL SKY NEXT」サービスの詳細については、http://www.jal.co.jp/skynext/をご参照ください。
(*4)詳細は、http://press.jal.co.jp/ja/release/201604/002641.htmlをご参照ください。

■国際線

【羽田=ニューヨーク線の開設】
羽田午前出発、夕方帰着のダイヤで運航することで、国内27空港から双方向の同日乗り継ぎが
可能となります。

 

  • 1.jpg

     

 (*5) 5~8月は、JL006便は10分遅着、JL005便は15分遅発。

 【成田=ニューヨーク線の機材大型化および減便】
羽田=ニューヨーク線の開設に伴い、成田=ニューヨーク線は週間14便から7便へと減便します。成田午後発着で運航を継続するJL004/003便は、旺盛な北米=アジア間需要のさらなる取り込みを目的に、運航機材をボーイング787-8型機(SS8)からボーイング777-300ER型機(SS7)へ変更(*6)し、各クラスの座席数を大幅に増やします。また、新たにファーストクラスサービスを開始し、お客さまの多様なニーズにお応えします。

  • 2.jpg

     

 (*6) JL004便は3月26日より、JL003便は3月27日より、機材を787-8型機(SS8)から777-300ER型機(SS7)へ変更。
(*7)  5~8月は、JL004便は10分早発、JL003便は10分遅発。

  • 3.jpg

     

【需要増に対応した増便】
ロシアのビザ発給要件緩和にともない、成田=モスクワ線を6月までは週間5便、7月以降は週間7便に増便します(冬期ダイヤは週間4便)。また、4月1日より羽田=ホノルル線を成田発着へ変更し、成田=ホノルル線を1日4便運航とします。高需要期にはさらに1便増便することにより、1日最大5便運航となります。関西=ホノルル線も、ゴールデンウィーク、および夏期の旺盛な需要にお応えするため、1便増便し、1日最大2便を運航し、利便性のさらなる向上を図ります(*8)。

(*8) 発着時刻は以下のとおり。
≪成田=ホノルル線≫
JL780  成田-ホノルル 出発時刻 20:45 到着時刻 08:50 (4月27日~5月7日は、21:00発/09:05着、6~9月は09:15着)
JL789  ホノルル-成田 出発時刻 14:50 (6~9月は15:20発) 到着時刻 18:30(翌日)
JL8782 成田-ホノルル 出発時刻 19:00 (6~9月は19:15発) 到着時刻 07:20 (6~9月は07:55着)
JL8781 ホノルル-成田 出発時刻 09:20 (6~9月は09:45発) 到着時刻 13:05(翌日)
≪関西=ホノルル線≫
JL8792 関西-ホノルル 出発時刻 19:05 (7~9月は18:20発、10月は18:40発) 到着時刻 07:50 (7~10月は07:25着)
JL8791 ホノルル-関西 出発時刻 10:25 (7~9月は10:20発) 到着時刻 14:45(翌日) (7~9月は14:10着)

  • 20170119_fy17_fig1.jpg

     

 

 【主な機材変更】
夏期欧州の旺盛な需要に対応するため、成田=ヘルシンキ線をボーイング787-8型機(SS8)からボーイング787-9型機(SS9)へ大型化します。また、8月4日〜15日の成田=ホノルル線(JL780/789便)へSKY SUITE仕様の777-300ER型機(SS7)を投入し、ファーストクラスサービスを設定します。その他、成田=シドニー線、ジャカルタ線、デリー線の機材を変更することで需給適合を図り、収益性のさらなる向上を目指します。

  • 6.jpg

     

 (*9)ファーストクラスサービスを設定。 (*10)ファーストクラスサービスを休止。
(*11)プレミアムエコノミーサービスを休止。 (*12) JL772便は3月27日から変更。 (*13) JL720便は3月27日から変更。
(*14) JL872便は3月27日から変更。 (*15) JL020便は8月2日から変更。
(*16) JL860便は3月27日から6月1日まで変更。3月26日のJL860便は787-8運航。

【運休】

  • 7.jpg

     

 ■国内線

【季節運航(継続)】

  • 8.jpg

     

 【増便】

  • 9.jpg

    (*17) 一部、運航便数が異なる期間がございます。詳細につきましては、JAL時刻表またはJALホームページをご確認ください。

【減便】

  • 10.jpg

     

       (*18)三沢空港の滑走路工事に伴う一時的な運休

【主な機材変更】

  • 11.jpg

     

 以上

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。