PRESS RELEASES プレスリリース

  • 2017年03月03日
  • 第16278号

JAL、「2017 J-Winダイバーシテイ・アワード」を初受賞

~航空業界で初めての受賞~

 

JALは、本日、特定非営利活動法人ジャパン・ウィメンズ・イノベイティブ・ネットワーク(略称:「NPO法人J-Win」)が主催する「2017 J-Winダイバーシティ・アワード」において、「ベーシックアチーブメント大賞」を受賞しました。

  • 20170303_jwin_fig1.jpg

     

 

 「J-Winダイバーシティ・アワード」は、ダイバーシティ&インクルージョン(以下「D&I」)を推進している先進企業を表彰するもので、日本企業におけるD&I推進を目的に2008年から毎年実施されており、今年で10回目を迎えます。

(参考URL:https://www.j-win0.jp/promote/award_170303.html)

JALグループは、性別、出身会社、国籍、年齢、性的指向、性自認などの属性に関係なく、社員一人ひとりの「能力」・「経験」・「感性」・「価値観」を活かして活躍するダイバーシティの実現に積極的に取り組んでいます。
特に、女性活躍推進については、JALグループで「2023年度末までに女性管理職比率を20%以上にする」という数値目標を掲げ、具体的な施策に取り組んでいます。「JALフィロソフィ」のもと、経営トップの強い覚悟とリーダーシップによるトップダウンと、国内グループ全社での数値目標・行動計画の策定・公開や「JALなでしこラボ」(*)をはじめとするボトムアップにより、グループ全体を巻き込んだ推進体制を整え、女性リーダー輩出のパイプライン強化を進めているという点が今回評価されました。

特に評価された取り組み
1. 経営トップのコミットメントと強力な推進体制 
2. 「JALなでしこラボ」(*)に代表されるボトムアップ
(*)「JALなでしこラボ」とは、2015年に発足した社長直轄のクロスファンクショナルチームです。JALグループのすべての国内連結対象会社が参画し、ダイバーシティを推進するための取り組みを行っています。

今後も女性をはじめとする多様な人財が活躍する会社を目指して、「JALなでしこラボ」を始めとするさまざまなダイバーシティ推進の取り組みを進めてまいります。

  • 20170303_jwin_fig2.jpg

     

  • 20170303_jwin_fig3.jpg

     

 

SHARE
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。