PRESS RELEASES プレスリリース

  • 2017年08月22日
  • 第17062号

鹿児島の本格焼酎を羽田空港、成田空港のラウンジで提供

~JALグループは日本の國酒「九州本格焼酎」を応援します~

 

JALグループは、地域と共に「地方の元気」を創る「JAL 新・JAPAN PROJECT」の一環として、
2016年3月より、日本の國酒「九州本格焼酎」の応援活動をしております。第1弾は宮崎県からスタートし、今年度は鹿児島県を応援しています。(*)
(*) 2017年7月6日付 プレスリリース「『九州本格焼酎』を応援、第2弾は鹿児島県」
URL:http://press.jal.co.jp/ja/release/201707/004339.html

今般、グランプリ3銘柄、準グランプリ3銘柄を選出し、2017年10月1日から12月31日までの間、羽田空港、成田空港の国際線ファーストクラスラウンジ、国際線サクララウンジにおいて日本そして海外のお客さまに広くその味わいをお楽しみいただけるよう提供します。

  • 20170822_kagoshima_fig1.jpg

    大越 基裕氏

これらの銘柄は鹿児島県酒造組合の協力のもと公募を実施し、42蔵元76銘柄の応募の中からJALワインアドバイザー大越 基裕氏の監修により選出したものです。
海外へご出発、またはご帰国の前にお立ち寄りいただくラウンジにて、日本の國酒である焼酎の良さを味わっていただくため、芋、黒糖、麦とそれぞれの素材の持つ味の素晴らしさを引き出し、その文化・風土を感じていただける品を選出しました。 
JALグループは国内外へ向け、鹿児島焼酎のブランドと焼酎にちなんだ食と観光の魅力の発信を通じ、焼酎の販路拡大と鹿児島の物産・観光振興のお手伝いを行います。

ファーストクラスラウンジ提供 グランプリ銘柄

  • 20170822_kagoshima_fig4.jpg

     

  • 20170822_kagoshima_fig2.jpg

     

サクララウンジ提供 準グランプリ銘柄

  • 20170822_kagoshima_fig5r.bmp

     

  • 20170822_kagoshima_fig3.jpg

     

大越 基裕氏 ワインテイスター/ソムリエ
国際ソムリエ協会 インターナショナルA.S.Iソムリエ・ディプロマ WSET Sake Level 3 & Educator
渡仏後2001年より銀座レカンソムリエ、2006年より約3年間再渡仏し栽培、醸造の分野を学ぶ。帰国後同店シェフソムリエに就任。2013年6月ワインテイスター/ワインディレクターとして独立。世界各国を周りながら、最新情報をもとにコンサルタント、講師や講演、執筆などもこなしてワインの本質を伝え続けている。ワインだけでなく、日本酒、焼酎にも精通しており、ワインと日本酒を組み合わせた食事とのマリアージュにも定評がある。

SHARE
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。