PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2017年10月01日
  • 第17081号

JALにトップアスリートが入社

~陸上競技の土井杏南選手、山本凌雅選手~

 

来春、JALに初めてのアスリート社員※が誕生します。JALは東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けさまざまな活動を行っていますが、2020年に向けて大きな期待のかかる、短距離走の土井 杏南(どい・あんな)選手、三段跳の山本 凌雅(やまもと・りょうま)選手の採用を決定し、2020年への機運を盛り上げていきます。
※現役引退後も、JAL社員として勤務することを前提にしております。

三段跳の山本選手は、2016年、2017年の日本選手権を連覇し、2017年8月、世界選手権(世界陸上ロンドン)に出場。続いて同月に開催された台北ユニバーシアード大会では銅メダルを獲得しました。陸上界最古の日本記録更新の最有力選手として、常に注目を集めています。
短距離走の土井選手は、中学校、高校の100メートル日本記録保持者であり、ロンドン2012オリンピック大会では女子4×100メートルリレーの代表に選出された、女子陸上界の第一人者です。100メートルでは歴代トップクラスのタイムを持ち、女子の短距離種目を牽引する役割を担っています。

JALは2018年4月1日、土井選手、山本選手をJALの仲間として迎え入れます。2人はアスリートとして競技練習に励む一方、JALの一社員として2020年に向けた社内外の機運を醸成するため、スポーツイベントを通じた社会貢献や、アスリートとしての体験を商品・サービスの向上に活かすなどの業務にも携わります。
JALは、一丸となって土井選手、山本選手を応援し、ともに未来へ羽ばたく夢を描いてまいります。2人の活躍にご期待ください。

【土井 杏南選手プロフィール】
競技種目 短距離走
出身 埼玉県
大学 大東文化大学
主な実績 ロンドン2012オリンピック競技大会出場(女子4x100mリレー) 
 第28回ユニバーシアード競技大会女子100m7位(2016年、光州)
第21回アジア陸上競技選手権大会女子200m8位、女子4x100mリレー2位(2015年、武漢)

DOI_1001.jpg

【山本 凌雅選手プロフィール】
競技種目  三段跳
出身 長崎県
大学 順天堂大学
主な実績 2016-2017年日本選手権2連覇
 世界陸上ロンドン大会出場
 第29回ユニバーシアード競技大会3位(2017年、台北)

Yamamoto_1001.jpg

~土井選手からのコメント~
私が世界に挑戦する時、いつもJALの飛行機が私をその夢に向かって運んでくれました。来年の4月からはJALの一員となり、さらに大きな夢に向かって羽ばたくことができるように、日々努力していきます。心に響く走りをお見せして、たくさんの方に応援していただける選手を目指します。初のアスリート社員ということで、新しい価値を一から創っていくことができることを楽しみにしています。

~山本選手からのコメント~
三段跳びは地道な技術の積み重ねが大事な種目です。日ごろから、徹底してやるべきことをすべてやりきり、自信を持って試合当日を迎えることが、記録を出すための心がけですが、これはJALの仕事とも共通するところがあるように感じています。今後は、まずは日本記録を更新し、三段跳の魅力を広くアピールしていきたいと思います。そして、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を盛り上げていくような社内外の仕事に関われたらと思います。

以上

  • Two_1001.jpg

     

 

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。