PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2017年10月11日

JALとアエロメヒコ航空、コードシェア提携に合意

~日本と中南米間の移動がさらに便利になります~

 
  • logo_JLAM.jpg

     

(共同リリース)                             

2017年10月11日
日本航空株式会社
アエロメヒコ航空

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:植木 義晴、以下「JAL」)とアエロメヒコ航空(本社:メキシコシティ、CEO:Andres Conesa、以下「AM」)は、お客さまの利便性向上、ならびに相互送客による企業価値向上を目的として、2018年度中に両社運航便(*)にコードシェアを実施します。
(*)コードシェアの実施は、関係当局への申請と認可が条件となります。

多くの日本企業の進出に伴い、日本とメキシコ間の渡航需要は年々増加しています。JALは現在、ダラスおよびロサンゼルスからアメリカン航空が運航するコードシェア便でメキシコ国内各都市に乗り入れていますが、メキシコのフラッグキャリアで、広範なネットワークを展開するAMと相互にコードシェア提携を行うことで、お客さまの利便性のさらなる向上に努めます。

AMは2006年、中南米地域において、唯一アジアへ直行便を定期運航する航空会社として、メキシコシティ=東京(成田)線を週2便で就航した後、年々増加する需要に応え、2017年3月にはデイリー運航に増便しました。
JALはAMの運航する東京(成田)=メキシコシティ線、ロサンゼルス=メキシコ国内各都市を結ぶ路線およびメキシコシティとメキシコ国内各都市を結ぶ路線でコードシェアを実施する予定です。AMとのコードシェアにより、JALのメキシコ国内ネットワークは、現在の8地点から約20地点に拡大します。また、AMは、JALの運航する日本国内線およびアジア線でのコードシェアを実施する予定です。
コードシェア実施路線、開始時期などの詳細につきましては準備が整い次第、あらためてご案内します。

また、マイレージ提携や両社のラウンジ相互利用など、両社のお客さまにとってメリットを最大限に提供できるよう、さらなる業務提携について検討してまいります。

◆コードシェア予定路線
JAL運航便
日本国内線および日本=アジア路線

AM運航便
成田=メキシコシティ、ロサンゼルス=グアダラハラ、モンテレー、
メキシコシティ=メキシコ国内各都市

 

  • JAL787.jpg

     

  • AM787.jpg

     

アエロメヒコ航空について
Grupo Aeroméxico, S.A.B. de C.Vはメキシコの商業航空会社、アエロメヒコ航空と旅客ロイヤルティ・プログラム事業を運営している持ち株会社です。アエロメヒコ航空は毎日600便以上を運航するメキシコ最大のグローバルエアラインで、メインハブはメキシコシティ国際空港・ターミナル2です。メキシコ国内の45都市をはじめ、アメリカ23都市、ラテンアメリカ15都市、カナダ4都市、ヨーロッパ4都市、アジア3都市を含む、世界3大陸、80以上の都市に就航しています。
アエロメヒコ航空グループは125機以上の機材を保有しています。機種はボーイング787、ボーイング777、ボーイング737とリージョナルジェットのEmbraer 170と190です。2012年にはメキシコの航空史で最も大規模な投資を発表しています。購入契約をしたボーイング社の航空機100機のうち、90機はボーイング737 MAX、10機はボーイング787-9ドリームライナーです。

アエロメヒコ航空はスカイチームの創立メンバーです。加盟メンバーの20社と提携して、世界177カ国の1,000以上もの都市とつなぎ、ご利用のお客さまに世界各地の672カ所のVIPラウンジをはじめとする数々の特典を提供しています。さらに、アエロメヒコ航空はデルタ航空、アビアンカ、コパ航空、そしてウエストジェットと共同運航し、アメリカ、ブラジル、カナダ、コロンビアとペルーにてネットワークを提供しています。
www.aeromexico.com    www.skyteam.com

  • AM_network.jpg

     

 

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。