PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2017年10月13日
  • 第17085号

JALグループ、2018年10月28日~2019年3月30日搭乗分国内線運賃・料金を届出

JALグループは、2018年度下期ダイヤ(2018年10月28日~2019年3月30日)ご搭乗分の国内線運賃および料金を決定し、本日、国土交通省へ届出しました。

そのほかの運賃につきましては、後日あらためて発表します。

詳細
2018年10月28日~2019年3月30日ご搭乗分、「普通運賃」と「往復割引運賃」ならびに「大人普通運賃」に連動する運賃(「小児普通運賃」など)、および「特別乗継割引」を設定しました。設定の詳細は、添付資料を参照ください。「大人普通運賃」・「小児普通運賃」と「往復割引」の適用期間は、以下のとおりです。

対象運賃 通常期 ピーク期 適用不可期間
大人普通運賃
小児普通運賃 10月28日~11月30日
1月7日~2月28日 12月1日~1月6日
3月1日~3月30日 なし
往復割引 10月28日~11月30日
1月7日~2月28日 12月1日~12月6日 12月7日~1月6日(*)
3月1日~3月30日(*)
(*)東京-大阪線などには適用不可期間はございません。ピーク期運賃でご利用いただけます。
また一部路線の適用不可期間は上記と異なります。
ご予約はご搭乗2カ月前の9:30からの受付開始となります。
                                                  
一部路線について、平成29年度に実施している、運賃補填各事業(特定有人国境離島地域社会維持推進交付金を活用した航空路運賃低廉化事業、離島航空路線維持対策事業、奄美群島航空運賃軽減事業、沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業、球美(くみ)の島交流促進事業)が、平成30年度も同様の内容で継続されることを前提に、運賃額を設定しております。

※各運賃のご利用条件・取消手数料については、JALホームページをご参照ください。
URL: http://www.jal.co.jp/dom/fare/rule/

以上

◇東京(羽田・成田)、名古屋(中部)、北九州発着路線は、航空券ご購入の際に「旅客施設使用料」を航空運賃とともに空港ビル会社に代わって申し受けます。
料金額(1区間あたり)   ( )は小児
羽田:290円(140円)、成田:440円(220円)、中部:310円(150円)、北九州:100円(50円)

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。