PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2018年03月23日

JALとハワイアン航空、コードシェアを開始

~両社ラウンジの相互利用も始まり、ハワイへのご旅行がますます便利になります~

 

(共同リリース)

2018年3月23日
日本航空株式会社
ハワイアン航空

日本航空株式会社(本社:東京都品川区 社長:植木 義晴 以下、「JAL」)とハワイアン航空(本社:ホノルル、CEO:Peter Ingram、以下、「HA」)は、2018年3月25日(日)より、コードシェアを開始します。

両社は、将来的に、お客さまの利便性やサービス向上を実現するため、共同事業(*1)の検討を行うことを発表していますが、コードシェアおよびラウンジの相互利用は包括的提携の第1弾となります。
(*1)定められた事業領域において、複数の参画企業が同一企業のように事業活動を行うこと。具体的には、ダイヤ調整、販売活動、サービス品質向上などの活動を一体となって行います。

JALは、HAが運航する日本=ハワイ間のすべての便と、ホノルルおよびコナを発着するHAが運航するはハワイ州内の多くの便でコードシェアを行います。また、HAは、JALが運航する日本=ハワイ間のすべての便および日本国内路線、東南アジア線でコードシェアを行います。(*2)コードシェアの開始にあわせ、HAは3月25日、成田空港での使用ターミナルを、現在の第1ターミナル北ウイングから、JALが拠点とする第2ターミナルへ変更します。また、本コードシェア便において、対象となるお客さまにはラウンジをご利用いただけます。

JALとHAの両社は、今後もハワイの魅力を世界中に発信し、お客さまへ快適な空の旅を提供できるよう、さまざまな施策に取り組んでまいります。
(*2)コードシェア便の運航は政府認可を条件としています。

◆概要
○コードシェア
○HA運航便(JALコードシェア)
成田=ホノルル、羽田=ホノルル・コナ、関西=ホノルル、新千歳=ホノルル、HA運航ハワイ州内路線

○JAL運航便(HAコードシェア)
成田=ホノルル・コナ、関西=ホノルル、中部=ホノルル、HA便と乗り継ぎ可能なJAL運航国内線、アジア路線

○ラウンジ
ホノルル: HAが運営するプルメリアラウンジまたはプレミアクラブ
成田国際空港:JALサクララウンジ
東京国際空港(羽田):JALサクララウンジなど
関西国際空港:JALサクララウンジなど
新千歳空港:ロイヤルラウンジ
中部国際空港:JALサクララウンジ
※ハワイにおけるホノルル以外の空港ではラウンジはご利用いただけません
※ご利用基準などの詳細に関しては、別途ホームページでご案内させていただきます。

*HA運航便(JALコードシェア便)における、JMBダイヤモンド、JGCプレミア、JMBサファイア、JALグローバルクラブ会員の方の専用カウンターのご利用、受託手荷物無料許容量のご優待、手荷物の優先お取扱いサービスはご利用いただけません。

◆コードシェア対象路線

  • JLHA_list.jpg

     

 

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。