PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2018年04月12日
  • 第18005号

JAL、「体操日本代表」トップスポンサー契約を締結

 JALは、東京2020オリンピック競技大会において、個人・団体と数多くのメダル獲得が期待される体操競技の普及・発展のサポートを行なうため、「公益財団法人日本体操協会」(所在地:東京都渋谷区:代表理事 二木英徳氏)と「体操日本代表」のトップスポンサー契約を締結しました。

  日本における体操競技は、オリンピック・世界選手権にて男子団体総合が10連勝するなど、かつては「体操ニッポン」、日本の「お家芸」と謳われていました。近年、成績が振るわない時期もありましたが、ジュニア層の強化を図ることで2004年より復活の機運が見えはじめ、現在はオリンピック・世界選手権でメダルを獲得するなど、「体操ニッポン」復活と言われています。  

  JALは、多数のメダル獲得が期待される「体操日本代表」を応援するとともに、今後、体操競技の体験イベントなど、さまざまな取り組みを行い、普及・発展をサポートしてまいります。

以上

  • 20180412_体操_FIG01.jpg

     

  • 20180412_体操_FIG02.jpg

     

  • 20180412_体操_FIG03.jpg

     

 

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。