PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2018年08月20日
  • 第18057号

2018年度 お盆期間ご利用実績

2018年度お盆期間(2018年8月10日~19日)について、JALグループ便のご利用実績を取りまとめましたので、ご報告します。

【JALグループ利用実績】

  • fig1.jpg

     

詳細につきましては、添付資料をご覧ください。

概況

1. 国内線
全体の旅客数、搭乗率ともに前年を上回り、好調でした。
旅客数は全方面で前年を上回っています。なかでも、東北・北陸方面と、中国・四国方面の旅客数が、前年を大きく上回りました。
下りは8月10日~12日、上りは17日~19日がピークとなりました。

2. 国際線
全体の旅客数、搭乗率ともに前年を上回り、好調でした。
方面別では特に、米大陸線・欧州線・韓国線・ハワイ線・グアム線の搭乗率が好調でした。
日本発は8月10日~12日、日本着は18日~19日がピークとなりました。 

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。