PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2018年09月06日

JALとガルーダ・インドネシア航空、包括的業務提携に合意

~コードシェア、マイレージ提携などインドネシア=日本=米国間の利便性向上を図ります~

 
  • JL_GA_logo.jpg

     

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂 祐二、以下、「JAL」)とガルーダ・インドネシア航空(本社:ジャカルタ、インドネシア:社長兼最高経営責任者、パハラ・ヌグラハ・マンスリ、以下「ガルーダ航空」)は、お客さまの利便性とサービス向上、相互送客による企業価値の向上を目的とした包括的業務提携に合意しました。

JALとガルーダ航空は、10月28日(日)より、両社が運航する日本=インドネシア線、JAL運航の日本の国内線および日本以遠の北米線、ガルーダ航空運航のインドネシア国内線の一部の路線でコードシェアを開始します。

両社は、コードシェア便(*)の拡大および、マイレージプログラムの提携などを含む関係強化を行い、さらに将来的には共同事業を目指します。具体的な開始時期、内容については別途ホームページにてご案内いたします。
(*)コードシェアの実施は、関係当局への申請と認可が条件となります。

【コードシェア概要】
開始日:2018年10月28日(日)
対象路線:
<ガルーダ航空運航便>
羽田=ジャカルタ、成田=デンパサール、ジャカルタ=スラバヤ・ジョグジャカルタ

<JAL運航便>
成田=ジャカルタ、成田=ニューヨーク・ロサンゼルス、羽田=新千歳・中部・福岡

 以上

  • JL_.jpg

     

  • GA.jpg

     

  • JL_GA_NETWORK.jpg

     

 

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。