PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2018年11月09日
  • 第18102号

JAL、CAPA2018年「Asia Pacific Airline of the Year」を受賞

~2011年に続く2回目の受賞~

 

JALは、航空業界のシンクタンク「Centre for Aviation(以下、CAPA)」から、「Asia Pacific Airline of the Year 2018」を受賞しました(*)。JALとしては2011年に続き、2回目の受賞となります。
(*) 2018年11月8日にシンガポールにおいて受賞式が行われました。

  • ロゴ.png

CAPAは1990年に豪州で設立された航空業界に関する独立系のシンクタンクで、アジア・オセアニア、欧州、米州、インド、香港などに拠点を持ち、世界規模で航空およびその周辺業界に関する広範な情報収集や分析を実施しています。特に航空会社、整備会社、空港会社の動向、エアラインのビジネス・モデル分析には定評があり、世界の主要紙でしばしばその分析結果を引用される世界有数のシンクタンクの一つです。

今回、JALが受賞した「Asia Pacific Airline of the Year」は、過去1年間を含めて継続して航空業界全体を牽引し、他の模範となるような極めて優れた業績を残した航空会社に贈られるもので、数ある表彰の中で最高位の賞です。アライアンスを超えた提携の拡大、中長距離LCCの設立に加え、過去7年間、毎年1,000億円以上の営業利益を生み出すなど、大きな成長を遂げていることが今回の受賞の理由となりました。

常日頃よりJALをご愛顧いただいているお客さま、これまで多くのご支援をいただきました関係先の皆さま方に心より感謝申し上げます。

JALは「挑戦、そして成長へ」をテーマに、次の成長に向けた取り組みを加速してまいります。これからも謙虚にして驕らず、さらに努力を重ね、全社員の力を結集して、「世界で一番お客さまに選ばれ、愛される航空会社」を目指してまいります。

以上

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。