PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2019年02月23日
  • 第18145号

JALにトップアスリートが入社

~3人目のアスリート社員として、走高跳の戸邉 直人選手の採用を決定~

 

2018年4月、JALに初のアスリート社員 2名(土井 杏南(どい・あんな)選手(短距離走)、山本 凌雅(やまもと・りょうま)選手(三段跳))が誕生しました(*)。さらに、来年度にも新たにアスリート社員が入社します。JALは東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、「2020年大会」)に向けさまざまな活動を行っていますが、2020年に向けて大きな期待のかかる、走高跳の戸邉 直人(とべ・なおと)選手の採用を決定し、2020年への機運をより一層盛り上げてまいります。

(*) 2017年10月1日付プレスリリース第17081号 「JALにトップアスリートが入社」参照
    URL:http://press.jal.co.jp/ja/release/201710/004443.html

走高跳の戸邉選手は、2019年2月2日に行われたドイツでの大会で、13年ぶりに日本記録を塗り替え、現在、男子走高跳日本記録(2m35cm)を保持しています。その他数々の好成績を収めており、日本だけではなく世界が活躍を期待している選手です。
JALは2019年4月1日、戸邉選手をJALの仲間として迎え入れます。アスリートとして競技練習に励む一方、JALの一社員として2020年大会に向けた社内外の機運を醸成するため、スポーツイベントを通じた社会貢献や、アスリートとしての体験を商品・サービスの向上に活かすなどの業務にも携わります。
JALは戸邉選手を応援し、共にチャレンジし続け中長期的な視野で一人一人が一歩先を行く価値の創出に挑戦していくことで、これからも社会の進歩発展に貢献してまいります。

【戸邉 直人選手プロフィール】

競技種目:走高跳
出身:千葉県
大学:筑波大学大学院
主な実績:
北京2015世界陸上競技選手権大会出場
仁川2014アジア競技大会5位(2m25cm)
ジャカルタ2018アジア競技大会3位
(2m24cm)
2019年日本記録樹立(2m35cm)

Tobe.jpg

写真:picture alliance/アフロ

~戸邉選手からのコメント~
「走高跳はより高く跳ぶことを競う種目で、私はこれまで、空を飛ぶことへの憧れを持って競技に取り組んできました。来年度からは、航空会社として空の安全と最高のサービス提供を目指すJALの一員となって、競技をさせていただきます。今後はJALグループ企業理念を体現できるようなアスリートを目指すとともに、さらに高く飛躍できるよう、一層努力してまいります。ご声援のほど、よろしくお願いいたします。」

以上

  • オリンピックロゴ.png

     

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。