PRESS RELEASES プレスリリース


  • 2019年02月26日
  • 第18148号

2019年度国際線シャンパン・ワイン・日本酒セレクション決定

~JAL国際線ファーストクラスで幻のシャンパーニュ「サロン2007ヴィンテージ」を再開~

 

JALは、2019年度 国際線ファーストクラス・ビジネスクラスで提供するシャンパン・ワイン・日本酒の提供銘柄を決定しました。2019年3月から、国際線ファーストクラスで幻のシャンパーニュ「サロン2007ヴィンテージ」の提供を再開します。また日本企業やボルドー大学などが支援して見事な復活を遂げた事でも知られるシャトー・ラグランジュのボルドーワイン「シャトー・ラグランジュ2013」も提供します。JALこだわりのシャンパン・ワイン・日本酒セレクションを機内でお楽しみください。

  • リリースP1 ワインイメージ(FY2019_Fクラス(3月~8月)).jpg

     

  • リリースP1 日本酒イメージ(FY2019_Fクラス).jpg

     

1.JAL国際線ファーストクラスでシャンパン「サロン2007ヴィンテージ」の提供を再開
JALは2007年から世界の航空会社で唯一、機内でサロンのシャンパンを提供してまいりました。年間生産量が数万本程度のサロンは、その希少価値から「幻のシャンパン」と呼ばれています。2018年1月から提供を一時中止していましたが、この度、提供を再開することとしました。JALの国際線ファーストクラスで、サロンのトレードマーク「S」が表現する、優雅な味覚の世界をお楽しみください。

【サービス概要】
提供開始:2019年3月1日(金)~
対象クラス:JAL国際線ファーストクラス
対象路線:成田発 シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルス行き
羽田発:ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン、パリ行き

  • Salon 2007 &_233;tiqutte rvs.jpg

     

【サロンについて】
サロンは1900年初頭に、フランス・シャンパーニュ地方のメニル・シュル・オジェ村に設立されたシャンパンメゾンです。ぶどうが不作だった年には生産を見合わせ、最上質のシャルドネが手に入った年にのみ一番搾り果汁だけを使用して、1種類のシャンパンを作るという「こだわり」で知られています。長期の熟成期間を要し、年間の生産量は一般のシャンパンが数十万から数百万本規模に対し、
数万本程度に限定され、その希少価値から「幻のシャンパン」と呼ばれています。

【「サロン2007ヴィンテージ」の特徴】
「サロン2007年ヴィンテージ」は、特にフレッシュな柑橘類のニュアンスにホワイトペッパーや、石灰などの溌剌さと鉱物的なニュアンスが特徴で、温度をあげることで、洋梨やパインの様な優しいタッチ、フレッシュながらもよく凝縮しており、サロンらしい強さと充実した味わいを楽しめます。心地よい塩味も併せ持ち、とてもバランスが良く、余韻も長い辛口です。温度が上がっていくごとにしなやかさも際立っていきます。複雑なフレーヴァーとともにお楽しみ下さい。

  • Salon flacon 750 cl rvs.jpg

     

2. JAL国際線ファーストクラスでボルドー3級格付けワイン「シャトー・ラグランジュ2013」を提供※1
日本のサントリーが支援、地元ボルドー大学からの協力や作り手の人々が一丸となって、一時衰退したシャトー・ラグランジュを見事に復活させ、その象徴として知られる「シャトー・ラグランジュ2013」を提供します。JALワインアドバイザーの大橋健一氏、大越基裕氏が試飲を重ね、品質、味ともに優良なヴィンテージを厳選しました。「復活」に続く次の段階を「創造のステージ」と位置づけ、さらなる高みを目指す「シャトーラグランジュ2013」を国際線ファーストクラスの機内でお楽しみください。

【サービス概要】
提供開始:2019年3月1日(金)※2
対象クラス:JAL国際線ファーストクラス
対象路線:成田発 シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルス線
羽田発:ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン、パリ線

※1:2019年9月、10月は「シャトー・ラグランジュ2011」の提供を予定しています。
※2:2019年3月1日(金)~ニューヨーク、ロンドン、パリ線 3月20日(水)~その他の路線

  • CHラグランジュ2013rvs.jpg

     

【シャトー・ラグランジュ2013の特徴】
フランス・ボルドー地方サンジュリアン村で生産される第3級格付けの中でも特に有名なシャトーです。カシスや腐葉土、甘草などの複雑なアロマを持ち、快活さと熟成感双方の風味に満たされているとても贅沢な時期に差し掛かっています。複雑な余韻と滑らかな口当たり、よく馴染んだタンニンとのバランスのよいフルボディです。

  • シャトーラグランジュ副会長とワインアドバイザー.png

    シャトーラグランジュ副会長を務める椎名敬一氏(中央)と、JALワインアドバイザーの大橋健一氏(右)と大越基裕氏(左)

3. 2019年度国際線シャンパン・ワイン・日本酒セレクションを決定
JALワインアドバイザーである、マスターオブワイン大橋健一氏とワインテイスター大越基裕氏により選定されたワインはヨーロッパのみならず、ニューワールドのワインや日本産ワインも積極的に採用しています。日本酒は全国各地から厳選し、注目銘柄から入手困難な希少酒まで、旬の銘柄をとりそろえました。厳選されたワイン・日本酒をお食事と共にお楽しみ下さい。

選定されたシャンパン・ワイン・日本酒の詳細は、添付「2019年度国際線シャンパン・ワイン・日本酒セレクション一覧」をご参照ください。

添付資料;「2019年度国際線シャンパン・ワイン・日本酒セレクション一覧」

以上

SHARE

TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。