このページの本文へ移動
決算・株式・経営

JALグループ、2007年度国内線路線便数計画を策定!

第06118号

JALグループはこの度、2007年度の国内旅客便の路線便数計画を策定しました。

JALグループは現在、2009年度以降の成田・羽田の発着枠拡大に備えて、「安定した利益を生む事業構造の構築」を進めております。国内線路線便数計画の策定においては、個人のお客様・団体のお客様の需要や動向を改めて検証し、適正に見直すことでお客様の利便性を向上させるとともに、収益性の向上を図るものといたしました。


機材につきましても、国内線の戦略的機材であるボーイング737-800型機(写真上)を5機追加導入し羽田発着路線に投入します。同機材はクラスJを20席装備しており、快適な空間をお楽しみいただけます。また現在運航中のMD87型機については8機全機を退役させ、機材競争力の向上を図り、より快適性の高い機材への更新を進めてまいります。


JALでは国内線に最上位クラス「ファーストクラス」を2007年度より導入、12月より羽田=伊丹線へ投入した後、羽田=福岡線など幹線に展開してまいります。(写真上)

また4月より国内宿泊予約の新サービス「JALエアプラス」、5月よりJALグループ1日約1000便の国内線と「じゃらんnet」のシステムを利用したオンライン旅行商品「JALダイナミックパッケージ」の販売開始を予定しております。

「ファーストクラス」「JALダイナミックパッケージ」、そして今回の新しい路線・便数計画で、国内線ご利用のお客様の利便性・快適性の更なる向上を図ってまいります。どうぞご利用下さい。

なお、路線便数の主な変更は以下の通りです。

1.主な路線便数計画の変更

(増便)

路線

便数変更

増便時期

備考

大阪(関西) = 札幌

1日 4便 ⇒ 5便

2007年 5月

4月のみ1日6便へ増便

大阪(関西) = 那覇

1日 4便 ⇒ 5便

2007年 5月

大阪(関西) = 福岡

1日 2便 ⇒ 4便

2007年 4月

神戸 = 札幌

1日 2便 ⇒ 3便

2007年 6月

神戸 = 石垣

新設 1日1便

2007年 7月

日本トランスオーシャン航空による運航

(運休)

路線

便数変更

運休時期

備考

名古屋(小牧) = 北九州

1日1便 ⇒ 運休

2007年 4月

ジェイ・エアによる運航

名古屋(中部) = 長崎

1日1便 ⇒ 運休

2007年 4月

JALエクスプレスによる運航

大阪(伊丹) = 石垣

1日1便 ⇒ 運休

2007年 4月

日本トランスオーシャン航空による運航

鹿児島 = 那覇

1日1便 ⇒ 運休

2007年 4月

神戸 = 仙台

1日1便 ⇒ 運休

2007年 6月

JALエクスプレスによる運航

神戸 = 熊本

1日1便 ⇒ 運休

2007年 7月

JALエクスプレスによる運航

札幌 = 信州まつもと

1日1便 ⇒ 運休

2007年10月

札幌 = 三沢

1日1便 ⇒ 運休

2007年10月

福岡 = 青森

週間4便 ⇒ 運休

2007年10月

福岡 = いわて花巻

週間3便 ⇒ 運休

2007年10月

(減便)

路線

便数変更

減便時期

備考

名古屋(小牧) = 高知

1日3便 ⇒ 2便

2007年4月

ジェイ・エアによる運航

名古屋(中部) = 札幌

1日 7便 ⇒ 6便

2007年10月

名古屋(中部) = 福岡

1日 6便 ⇒ 4便

2007年10月

名古屋(中部) = 鹿児島

1日 4便 ⇒ 3便

2007年10月

JALエクスプレスによる運航

仙台 = 福岡

1日 3便 ⇒ 2便

2007年10月

2. 国内旅客事業機材計画

ボーイング737-800型機を5機追加導入し、主に羽田発着路線に投入して競争力の向上を図ります。またMD87型機を順次退役させ、2007年度中に8機全機の退役を完了します。

【ボーイング737-800型機投入路線】

羽田=岡山、山口宇部、徳島、高知、松山、北九州、宮崎路線など

3. その他

便名の変更

2007年4月より下記羽田路線(主に幹線)の便名を4桁から3桁に変更し、お客様の選好性向上を図ります。

路線

便名

路線

便名

羽田=大阪(伊丹)

100~149

羽田=福岡

300~369

羽田=神戸

150~169

羽田=北九州

370~389

羽田=大阪(関西)

170~199

羽田=那覇

900~929

羽田=札幌

500~569

【参考】機材計画(国際旅客・国内旅客・貨物事業計)

2007年度末におけるJALグループの機材数は、2006年度末対比1機減の273機となります。

【2007年度機材退役・導入計画】

導入

777-300ER 1機

777-200   1機

767-300ER  3機

767-300F  3機

DHC8-Q400 2機

737-800    8機

合計  18機

退役

747     10機

MD87     8機

BN2B      1機

合計  19機

以 上


*印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
JGN06118.pdf
この記事をSNSでシェアする
ページの先頭へ移動
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。