このページの本文へ移動
決算・株式・経営

JALグループ、2008年度下期路線便数計画を追加変更

第08079号

JALグループは2008年度下期の国際旅客事業・国内旅客事業における路線便数計画を追加変更 いたします。

燃油価格が高騰する中、JALグループでは収益性の確保と向上の観点で徹底的な見直しを進めており、国際線1路線の増便と2路線の運休、国内線1路線の新規開設と1路線の増便を追加で行います。

これにより2008年度下期における当初計画からの変更概要は、200887日発表分とあわせて、国際線では5路線の増便と5路線の運休、国内線では1路線の新規開設と6路線の増便および4路線の減便と12路線の運休となります。

路線便数の当初計画からの変更概要は以下のとおりです。*下記計画は関係当局の認可を前提としております。

 

 国際旅客事業 

 

関西=杭州路線のデイリー運航化と中国2路線の運休により、収益性の向上を図ります。

【 増便 】

路線

便数変更

増便時期

備考

大阪(関西)=杭州

週間 3便⇒週間 7便(毎日運航)

20081026日~



【 運休 】

便数変更

運休時期

備考

東京(成田)=西安

週間 2便⇒運休

20081026日~

大阪(関西)=青島

週間 4便⇒運休

20081026日~



 国内旅客事業 

 

中部=石垣路線の新規開設と松山=那覇路線のデイリー運航化により、収益性の向上を図ります。

【 新規開設】

路線

便数変更

運航時期

備考

名古屋(中部)=石垣

*石垣→名古屋(中部)は那覇経由

新規開設 11便

(毎日運航)

200921日~

331

日本トランスオーシャン航空運航


 

【 増便 】

路線

便数変更

運航時期

備考

松山=那覇

週間 4便⇒11便

(毎日運航)

200921日~

331

日本トランスオーシャン航空運航



以 上

 *印刷をされる方はこちらをご利用下さい。
JGN08079.pdf

この記事をSNSでシェアする
ページの先頭へ移動
TITLE

この画像の著作権その他の知的財産権については、当社またはその提供者が権利を有します。個人的使用または非営利目的の場合のみダウンロードして使用いただけます。但し、報道目的の場合はこの限りではありません。